お坊さんサラリーマンのリアルな日々

20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

なた豆茶の効能効果がやばい!口コミランキングも大公開

      2016/11/23

%e3%81%aa%e3%81%9f%e8%b1%86%e8%8c%b6

「古くから伝わるなた豆ってどんなものなの?そんなに健康に良い物なの?」

「なた豆茶って健康にとてもいいらしいけど、どんな症状に効果があるの?どんな人が飲むと良いの?」

「なた豆茶がいいのはわかったけど、カフェインとかは大丈夫なの?効果や効能をもっと知りたい!」

「なた豆茶を探しているけど、どれを選んだら良いのかわからない?おすすめのなた豆茶は?」

最近の健康ブームの影響もあって、にわかに注目されてきているのが「なた豆茶」ですが、良いのはわかっていても、なかなか効果まではわからなくて購入まで踏み切れない方も多いのでは無いでしょうか?
今回はそんな「なた豆」に着目して、なた豆の持っている有効成分を目一杯摂取できる「なた豆茶」について、効能効果などを徹底検証してみました!
特におすすめの「なた豆茶」もランキングベスト3と口コミ情報も合わせてご紹介しているので、是非ご覧下さい!

「なた豆」ってそもそもどんな物なの?

なた豆茶は知っていても、そもそもなた豆ってどんな物なのかはよく知らないという方は案外多いのでは無いでしょうか?
まずはより安心して飲んで頂くためにも、なた豆がそもそもどんな物なのかを理解するところからはじめてみましょう。

なた豆ってどんな物なの?

なた豆はマメ亜科の一年草で、夏になると白やピンク色の花を咲かせ、その丈はなんと5m以上で鞘は50~60㎝、種も3~5㎝と、マメ科の中の植物の中でも最大級と言われています。
江戸時代に清国から伝わったとされていて、特に薩摩藩(現在の鹿児島県)では、当時から栽培が盛んに行われていて、今では国内で栽培されている他ラテンアメリカや中国から輸入されています。
現在は九州地方の温暖な気候の地域で多く栽培され、初めて日本に伝わったとされている鹿児島県の吉田町では、国内有数のなた豆の産地として知られています。
当時から漢方薬としてよく知られていましたが、近年では健康食品や健康茶として一般的によく知られるようになっているようです。

別名は「膿とり豆」と呼ばれています!

なた豆は、別名は「膿とり豆」と呼ばれることがあり、これはもともと排膿作用・抗炎症作用がある事に基づいていると言われています。
当時は経験的にこれらの排膿作用・抗炎症作用から、歯ぐきや鼻腔の膿が消える作用が認められたこともあって、「膿とり豆」と呼ばれたのではないかと思われています。
なんと400年以上前の中国の医学書「本草綱目」でも取り上げられていて、かなり古い時代から重宝されていた事がわかっています。

実は我々も普段からなた豆を食べていた!?

カレーの付け合わせとして欠かせない物と言えば「福神漬け」ですが、福神漬けには大根・茄子・レンコン・キュウリ・シソの実などが入っていますか、その中にひょうたんの様な形をした物が入っていますよね。
そう、それがなた豆で、なた豆を輪切りにした状態で材料として使用されているので、我々も知らずにほとんどの人が食べたことがある食材でもあったんですね。
なた豆は漢字で書くと「刀豆」と書きますが、これはなた豆の実がなった状態が刀に似ていることから付けられたと言われています。

なた豆茶についてちょっと心配なことは?

女性

子どもや妊娠中の助成などが飲用する場合などもあるので、健康茶とはいってもちょっとした事でもやっぱり気になることってありますよね。
そんななた豆茶の不安要素について解説します。

なた豆茶はカフェインは含んでないの?

一般的に良くの飲まれている飲み物には、コーヒー・紅茶・緑茶などがあって、特に緑茶の場合には花粉症の症状改善の効果があるので、よく飲用されていることがある様です。
しかしコーヒー・紅茶・緑茶などの飲み物にはすべてカフェインが含まれていて、過剰に摂取しすぎると頭痛や睡眠障害を引き起こすと言われています。
小さな子どもの場合には、成長過程において睡眠に悪影響を及ぼす可能性があるカフェインの過剰な摂取は出来るだけひかえた方が良いようです。
また妊婦さんや授乳中の方が過剰に摂取すると、流産の可能性が高まったり、生まれてくることもに影響が出たりする危険がある事から、やはりカフェインは出来るだけひかえた方が良いとされています。
しかし、なた豆茶にはカフェインは一切含まれていないために、抵抗力が弱い小さな子ども高齢の方、また妊娠中や授乳中の方でも安心して飲み続けることが出来ます。

なた豆茶には毒があるって聞いたけど大丈夫なの?

なた豆茶には、大きく分けると3つの種類が存在していて、「白なた豆」「赤なた豆」「たちなた豆」がありそれぞれに特徴を持っています。
白なた豆は花の色が白色で種子も同じく白色で、完熟した種子には毒性は全く含まれて無く、この白なた豆が福神漬けの材料として利用されています。
赤なた豆は花の色がピンク色で種子は赤色をしていて、完熟した種子にはわずかながら毒性があります。
たちなた豆は花の色が紫色で種子は白色をしていて、完熟した種子には強い毒性があるとされています。
このように3つの種類があるなた豆ですが、実際になた豆茶として使用されているのは、白なた豆と赤なた豆の2種類で、強い毒性があるたちなた豆は使用されていません。
それでも赤なた豆にはわずかに毒性があるのは事実ですが、その毒も加工の段階で加熱と焙煎を行う事で毒性を完全に取り除く処理を行っています。
したがってなた豆茶には、健康を害するような毒はまったくふくまれていないので、安心して飲用することが出来ます。

なた豆茶の主な効果効能についてもっと詳しく知りたい!

お茶

なた豆茶には、非常に優れた効果や効能がたくさんあるので、そんななた豆茶の効果や効能についてご紹介していきましょう。

働き盛りのお父さんによりおすすめ!「腎機能の改善」

普段から外食が多くて、どうしても暴飲暴食になりがちで胃の調子や肝臓が心配という方は非常に多いですが、腎臓の働きを心配している人はどれだけ居るでしょうか?
しかしひとたび腎臓の機能が失われてしまうと、命にも関わる一大事になる事もある大事な臓器ですが、普段から気に掛けることが少ないために、どうしても見落とされがちになります。
なた豆茶に含まれている「ウレアーゼ」という成分は、身体の中の毒素をアンモニアと二酸化炭素に分解してくれる力を持っています。
元々腎臓が行っていた働きをウレアーゼが補ってくれるので、腎臓に掛かる負担を軽減することが出来ます。
また「コンカナバリンA」と呼ばれる成分も含まれていて、こちらは抗炎症作用があるので、腎臓の炎症を抑えてくれて、腎臓機能をより強化してくれる働きがあります。

副鼻腔炎や歯周病でお悩みの方におすすめ!「排膿・抗炎症効果」

副鼻腔炎や歯周病等を発症してしまうと、かなり大量の膿を発生してしまい、その膿はひどい悪臭となって周りに漂ってしまうために、日常生活にも支障が出てしまう事にもなりかねません。
臭いが気になるので、仕事をやっていても集中できなかったり、ストレスの原因となってしまうこともあり、普段から悩んでいる人はずいぶんと多いはずです。
なた豆茶には「カナバニン」という成分が含まれていて、この成分はアミノ酸に属していてこのカナバニンには、非常に優れた排膿作用と抗炎症作用があります。
そのため副鼻腔炎や歯周病が原因となる膿で炎症している状態を、カナバニンの成分の効果で膿を排出して炎症を抑えてくれるので、副鼻腔炎や歯周病などによるトラブルを解消してくれます。
副鼻腔炎や歯周病でお悩みの方で、薬など使用せずに無理なく少々を改善したいとお考えの方には、是非おすすめしたいのが「なた豆茶」です。

なた豆歯磨き粉の効果がすごい!ネバネバ対策や口臭に効果があるって本当?

つらいむくみや関節痛をお持ちの女性におすすめ!「むくみ・関節痛の改善」

なた豆茶に含まれる「ウレアーゼ」の成分は、先に紹介したように体内に含まれている毒素をアンモニアと二酸化炭素に分解してくれますが、その時に毒素となっている尿素を分解してくれることで、腎臓をサポートしてくれることで、むくみの解消に大変効果があります。
本来むくみの原因となっているのが、女性特有の筋肉の少なさから血やリンパ液が、全身に運ばれていかないことで老廃物がたまり、むくみの症状として現れてきます。
この老廃物が腎臓が活性化することで濾過してくれるので、筋肉が少ない女性特有のむくみといった症状を和らげることが出来ます。
このようなむくみや関節痛で普段からお悩みの女性に、特におすすめしたいのが「なた豆茶」です。

やせたいと思っている方に特におすすめ!「ダイエット効果」

なた豆茶には、「サポニン」という脂肪の吸収を遅らせてくれる上、なた豆自体に豊富に含まれている食物繊維が身体の中の腸の働きを活性化してくれるので、ダイエットに非常に効果があります。
なた豆茶にはポリフェノールやビタミンなど現代生活に不足気味になる成分も含まれているので、飲む事でこう言った成分をバランス良く摂取できます。
ダイエット効果がありながらも、不足しがちな栄養素まで摂取できるので、健康面には心配が無くより自然にダイエットが出来るお茶です。
スリムな体型を維持したいと願っている女性や、健康診断でメタボリックを指摘されてなんとかしなければと考えているお父さんなどには、特におすすめしたいのが「なた豆茶」です。

アトピー性皮膚炎などで悩んでいるすべての方におすすめ!「体質改善・免疫力向」

ひどいやゆみやジュクジュクとした湿疹を伴うアトピー性皮膚炎は、原因がわからずになかなか湿疹が直らずに悪化してしまうケースも多いですよね。
アトピー性皮膚炎を改善させるためには食生活の見直しが大事で、野菜中心の食事に切り替える事で、アトピー性皮膚炎を効果的に改善させることができると言われています。
そんな食生活の改善と合わせて、なた豆茶を飲めばアトピー性皮膚炎の改善に効果を発揮してくれ、有効成分のカナバニンの排膿・抗炎症作用でジュクジュクした湿疹や炎症を軽減させてくれます。
そんなわけで、アトピー性皮膚炎などで悩んでいるすべての方におすすめしたいのが「なた豆茶」です。

花粉症で悩んでいるすべての方におすすめ!「花粉症の症状の緩和」

なた豆には、なた豆だけに存在すると言われている希少な自然由来の免疫物質と言われる、コンカナバリンAが含まれています。
このコンカナバリンAの免疫改善作用が本来自分が持っている免疫力をさらに高めてくれて、さらにカナバリンの抗炎症作用によって鼻水や鼻づまりといった、花粉症の諸症状を緩和してくれます。
なた豆には、コンカナバリンAの免疫力増加作用と、カナバリンの抗炎症作用のW効果によってより強力に花粉症の症状を防いでくれます。
ぜひ花粉症の症状で苦しんでいる皆さんに飲んで頂きたいのが、「なた豆茶」です。

花粉症対策のお茶ランキング|花粉症に効くおすすめのお茶はどれ?

「なた豆茶」はどのくらい飲めば効果が出るの?

お茶

なた豆茶が体質改善などに効果がある健康茶というのはわかったものの、正直そういうった体質改善などの諸症状の効果が現れるまでには、どのくらいの期間飲み続ければ良いのか、とても気になりますよね。
なた豆茶の効果が体調の変化として現れてくるまでの期間としては、数ヶ月かかると言われていて、かなり長期間の時間が必要だと感じる方も多いことでしょう。
しかし具体的な効果が現れなくても、なた豆茶を定期的に飲み続けることで身体の体質が少しずつ改善されていくので、常日頃から悩まされていた症状もゆっくりと緩和していきます。
具体的な効果が現れる期間としては、これまでなた豆茶を愛飲していた方へのアンケート結果によると、個人差はある物の、約3ヶ月から12ヶ月くらいが目安となるようです。
なかなか変化がないので効果が無いと思われてしまいますが、なた豆茶は長期間飲み続けてこそ効果が発揮されるので、是非飲み続けて頂きたいと思います。

なた豆茶を飲むタイミングは?

なた豆茶が健康に良くて、ある程度飲み続けなくては効果が出ないこともわかりましたが、それではどのようなタイミングでなた豆茶を飲めばいいのでしょうか?
まず1番おすすめなのが、朝起きたら目覚めに1杯飲む事を習慣としていれば、一日が快調に過ごせるのでまずは目覚めに1杯飲むように心がけてみましょう。
よくコーヒーを飲む習慣がある人なら、コーヒーを飲んでいたタイミングでなた豆茶を飲むように習慣づけすると、より自然に飲み続けられるようになります。
なた豆茶はカフェインも含まれていないので寝る前に飲むのも問題は無く、やはり常に習慣づけることが大事になるので、食事の後には飲むとか朝起きた後や夜寝る前に飲むなどを習慣にして飲むようにするのが良いようです。

なた豆茶の口コミランキング

それではここではなた豆茶の口コミランキングを紹介します。

1位 京都やまちやのなたまめ茶

なたまめ茶

「京都やまちやのなたまめ茶」には、ここまでご紹介してきた「なた豆茶」本来の効果効能はもちろんありますが、京都やまちやのなたまめ茶独自の特徴もあります。
桑の葉・黒豆・ハブ茶・玄米などの健康成分をより豊富に配合しているので、普段中々摂取しにくいカルシウム・マグネシウム・鉄分がとれます。
なた豆茶本来の、口臭・歯槽膿漏・花粉症・蓄膿症・アレルギー性鼻炎に効果があるのはもちろん、特に貧血気味の方や疲れやすい方には特に飲んでほしい、おすすめのなた豆茶です。

公式サイトはこちらです。

なたまめ茶|京都やまちや

なたまめ茶

2位 薩摩なた豆 爽風茶

%e8%96%a9%e6%91%a9%e3%81%aa%e3%81%9f%e8%b1%86

国内最大のなた豆の産地鹿児島産のなた豆にこだわって作られた「薩摩なた豆 爽風茶」は、黒豆・はと麦・薩摩くず草・赤芽柏・クマ笹・桑の葉・なた豆と7種類の国産の原料をブレンドして焙煎された豆茶です。
本来のなた豆成分に加えて、これら7種類の豆がブレンドされたことで、健康維持に役立つ様々な成分がバランス良く配合された健康茶に仕上がっています。
味は香ばしい香りで、苦みや渋みも無いので誰でも飲みやすい味に仕上がっているので、小さなお子さんからや花粉症でお悩みの方には特におすすめのなた豆茶です。

公式サイトはこちらです。

飲んでスッキリ爽快♪『薩摩なた豆 爽風茶』

3位 スッキリ口臭予防♪【なた豆茶ブレンド】

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%81%aa%e3%81%9f%e8%b1%86%e8%8c%b6%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89

なた豆茶ブレンドは、カリウム・サポニン・鉄分を多く含む「赤なた豆」を使用し、それに加えてポリフェノールの一種のアントシアニンや大豆イソフラポンなとのの豊富な栄養素を含む「黒豆」を配合。
さらに古くから健康維持や美容に幅広く利用されてきた「はと麦」を配合し、香ばしい味と香りがなた豆のくせのある味を和らげてくれるので、誰でも飲みやすい味付けとなっています。
赤なた豆・黒豆・はと麦と3つのこだわりの素材を絶妙にブレンド、それぞれの頼れる成分のお陰で、特に口臭・歯槽膿漏などでお悩みの方にはおすすめしたいなた豆茶です。

公式サイトはこちらです。

ティーライフのなた豆茶ブレンドを見てみる

なた豆茶ブレンド

まとめ

なた豆茶の効能効果がやばい!口コミランキングも大公開についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
ここまでご覧頂いた方なら、なた豆茶がいかにすごいお茶なのかおわかりになられたのでは無いでしょうか。
口臭・歯槽膿漏・花粉症・蓄膿症・アレルギー性鼻炎などでお悩みの方には特におすすめしたいのがなた豆茶なので、是非皆さんも愛飲してみてはいかがでしょうか。

最後にランキングを掲載します。

1位

なたまめ茶|京都やまちや

2位

飲んでスッキリ爽快♪『薩摩なた豆 爽風茶』

3位

ティーライフのなた豆茶ブレンドを見てみる

 - なた豆茶 , , , ,