お坊さんサラリーマンのリアルな日々

20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

ハーブ・カモミールの育て方。ジャーマンカモミールとローマンカモミール別にご紹介

      2015/10/08

German chamomile

 

■カモミールを育ててみよう!

小さな白い花をたくさん咲かせ、満開時にはあたりを甘い香りで包んでくれるカモミール・・・見ているだけでも心が癒されます。

そんな愛らしい少女のようなカモミールですが、近くにあるだけで、元気のない植物や病虫害にあった他の植物をみるみる元気にしてしまう不思議な力を持っています。
そのため、「植物のお医者さん」と呼ばれ、コンパニオンプランツの代表種でもあります。
少女のような見た目と、母のような優しい効能、そして植物の病気を治してくれる医者としての役割、そんな多彩な顔を持つカモミールはぜひ家に欲しいハーブです。

 

●カモミールの育て方

植え込んだカモミールは、踏めば踏むほどよく育つことから「逆境におけるエネルギー」と花言葉がつけられるほど丈夫で、簡単に栽培できるハーブです。
カモミールは、日当たりのよい場所と水はけのよい土を好みます。
こぼれ種で自然と増えていくほど生育旺盛ですが、高温と乾燥には弱いので真夏の直射日光や午後の強い日差しには注意が必要です。
株元にウッドチップやワラでマルチングして、乾燥を防いであげると良いでしょう。
雑草が多くなる梅雨からの時期は風通しも悪くなり、枯れてしまいやすいのでこまめに手入れをする必要があります。
また、高温で乾燥しやすかったり、春先のつぼみや新芽の部分にアブラムシが発生しやすいので、発見したらすぐに適宜補殺するようにしてください。
直射日光を避け、一日に一回たっぷりと水を与え、雑草はこまめに抜いてあげれば可憐な花と甘い香りで私たちを楽しませてくれます。

 

●カモミールの増やし方

カモミールの増やし方ですが、ジャーマンカモミールは1年草、ローマンカモミールは多年草ですので、増やし方は種類別に説明したいと思います。

 

<ジャーマンカモミール>

ジャーマンカモミールは、花の見ごろも終えた頃に花ごと収穫し種を取り出します。
取った種は秋のお彼岸の頃、日当たりと風通しのよい場所にまきます。
まいたら土を薄くかけてください。
芽が出てきたら間引きしながら6cm程まで育て、定植します。
ジャーマンカモミールの種はとても細く小さいので風に飛ばされたりしないよう気を付けてください。
大株に育つとその後はこぼれ種で増えていきますので、全部の花を収穫しないで少し残しておくようにしましょう。
ですが、年々香りが弱くなってきます。
その時は苗を新しく変えてあげてください。

 

<ローマンカモミール>

多年草のローマンカモミールを増やすには5~6月頃に挿し穂か株分けをしてあげましょう。
挿し穂は15cmぐらいの物を用意し、下の葉の部分を取り除きコップにさします。
上手に発根させるには、毎日水をかえるようにするのがポイントです。
発根したら鉢などに植え付けてください。
株分けの場合は、やはり同じ時期に丁寧に株全体を堀りあげ、茎の区切りの良い場所をハサミで切り分け用土に植えかえてあげましょう。

 

●カモミールの剪定

ジャーマンカモミールは開花したら晴れた日の午前中に1輪ずつ花のみをハサミで切って収穫してください。
茎だけになった部分を深めに剪定し、新芽の成長を促します。
ローマンカモミールは、夏は蒸れやすいので、横にのびすぎた茎や茂りすぎた葉を根元から取り除いて間引きしてください。
花の見ごろを終えたら、思いきって株元でばっさりと茎を刈り込みましょう。
また、葉が枯れてしまった場合も刈り込んでしまってかまいません。
風通しをよくすることを心がけてください。

 

■さいごに

カモミールの花言葉「逆境におけるエネルギー」からも分かるようにとても生育の強いハーブになります。
またコンパニオンプランツでは、「植物のお医者さん」と呼ばれていることからも分かるように他の植物の生育を良くするなど育てやすい面もあります。
簡単に育てることができるハーブの一つですので、初心者の方からベテランの方までオススメのハーブがカモミールなのです。

 

参考記事になります。合わせて御覧ください。
ハーブ・カモミールの効能。カモミールティーにはリラックス作用があります
ハーブ・カモミールの使い方。シャンプー、オイル、お酒などの使い方をご紹介
ハーブ・セージの効能や育て方などまとめ。初心者必見です
レモンバームの効能や育て方や使い方などを徹底解説
ワイルドストロベリー徹底解説。育て方や増やし方や効能など
ラベンダーの効能や増やし方や剪定など徹底解説!

 

 - ハーブ , , , ,