お坊さんサラリーマンのリアルな日々

20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

頭皮がベタベタして恥ずかしい!その経験を20人の女性に聞きました

      2016/10/30

■頭皮がベタベタしていて恥ずかしかったこと

あなたは、頭皮がベタベタして脂っぽくて恥ずかしい思いをしたことはありませんか?
恥ずかしい思いをしているのはあなただけではありません。
多くの人が頭皮の脂で悩んでします。
今回は頭皮がベタベタして恥ずかしかった経験という事で20代から30代の20人の女性に伺いました。
ひょっとしたらあなたと同じ経験をしているかもしれませんよ。
それではどうぞ。

●髪を洗わないとかなり脂っぽくなる

恥ずかしい話なんですが、忙しくて面倒だなあと思った時にお風呂には入りますが髪の毛を洗わない時があります。
普段はそんなことないんですが、やっぱり髪の毛を洗わないとかなり油っぽくなるし、髪の毛がべたべたします。
特に前髪が気になります。
頭のてっぺんは髪の毛を結んだらあんまり目立たないんですが、前髪が本当に目立ち恥ずかしい思いをしたことがあります。
女友達しか来ないからと思ってそのまま遊びに行ったら結構気になっていた男性も来ていて、これはやばいと思って手ぐしで整えたりちょっと水に濡らしたりしてみましたが全く効果無し(笑)
あまりにも気になり過ぎてずっと永遠に前髪を気にしていました。
そして自意識過剰ですがずっと見られているような気がして下ばかり見ていました。

●脂性で髪がしっとりと言われショック

私は昔から周りに言われるほど脂症でそれがコンプレックスでした。
たとえば脂取り紙を使うとだいたい1枚では取りきれず2枚3枚と使うのですがそれも脂でベタベタで前に女友達に「脂とれすぎじゃない?」と言われそれがショックでした。
そして夏場だと顔の脂に比べ頭皮もベタベタ汗はたらたらで本当に恥ずかしいです。
特に一番恥ずかしかった経験は行列ができているレストランに行ったとき、順番待ちの名前を書こうと思いペンをとると紙に汗がぽたぽた。
とっても恥ずかしくてハンカチで紙をふき急いでその店を出ました。
親友と一緒だったのですが友達も苦笑いで死にたいほど恥ずかしかったです。
汗もすごいのですが髪もトリートメントを流していないくらいべたべたで「あれ?髪しっとりしてる」と言われたのもショックです。

●保護者会で髪がベッタリしていて恥ずかしかった

元々皮脂の分泌が多いみたいで、学生の頃から悩んでいました。
頭皮だけではなく、顔もテカテカです。
それでも30代後半になり、少しは落ち着いて来ましたが、子育て中、どうしてもお風呂に入る時間がない日や、頭を洗えない日がありました。
その日は保護者会、前の日に子どもが熱を出し朝から看病していました。
子どもって病気の時は特に甘えん坊さんになります。
私の姿が見えなくなるだけで、不安になりそばにいてと言って来ます。
そんな状況だったのでお風呂も湯船に浸かっただけで済ませてしまいました。
朝、洗いたかったけど、間に合わずそのまま学校へ。
髪が長いので結わいていたのですが何と無く視線を感じます。
私の髪はワックスをベッタリ塗っているようにテカテカ。
帽子で誤魔化せば良かったと後悔しました。
一人一人に理由も言えず恥ずかしい思いをしました。

●頭がベタベタしているといわれショック

私は高校で簿記の資格をとっていましたので、高校を卒業してから大手の企業の経理の仕事につきました。
その部署では30人ほどの人が勤務していましたが、社内旅行に行くことになってしまったのですが、もちろん土曜日と日曜日を使っての社内旅行になったのです。
1泊2日でしたので、その分の服やシャンプーや石鹸しかもっていきませんでした。
でも甲府にいったのですが、日曜日に帰ってくるときに台風の影響で、電車がストップしてしまったのでした。
2泊3日の社内旅行になってしまって、1日目に頭を洗っていませんでしたが、2日目も頭を洗えないことになってしまって、普段は毎日シャンプーしていた私は、頭皮が脂でベトベトになってしまったまま、月曜日にそのまま旅行先から会社に出勤して、同期の子に「頭がべたべたしてるんだね」といわれて恥ずかしかったです。

●友達のサラサラの髪が羨ましい

高校生のとき、まだあまり頭皮について詳しく知らずしっとりするシャンプーを使っていました。
毎晩髪の毛を洗っていて次の日の朝までは結構サラサラなのですが、お昼あたりからべたつきがきになり、前髪がぬれた手のような感じになってしまいます。
しかし当時はそこまできにしていなかったのですが、ある日友人とプリクラを取ったとき、友人はすごくさらさらな前髪で決まっていたのですが私はべたつきがひどく、すごく汚く見えとても恥ずかしくなりました。
現在は自分に合ったシャンプーを使い、定期的にヘッドスパしているので前髪のひどいべたつきの悩みがなくなりました。
やはり前髪がべとべとしているのとしていないとではだいぶイメージが変わるので、もっと早く気づけばよかったなと思いました。

●脂身の肉を食べて頭皮が脂っぽくなる

頭皮が脂でベトベトしていて恥ずかしい思いをしたのは、前日で脂身たっぷりのお肉を食べた翌日の朝に、頭皮が脂っぽくて触ってみるとベトベトしていて気持ち悪かったです。
それからバターがたっぷりがたっぷり入っているお菓子やチーズがたっぷり入っているピザなどの、油っぽい料理を食べた日は頭皮がベトベトして気持ち悪いです。
なぜ頭皮がベトベトして気持ち悪くなるのかというと、だぶんそれは室温で固まった状態の脂を食べるからだと思います。
お肉やバターやチーズの脂は、室温だと固まった状態なので、だから頭皮も脂っぽくてベトベトした状態になるのだと思います。
頭皮の脂っぽさが気になる人は、脂身が付いているお肉やバターやチーズを食べる時に量を少なめにすると良いと思います。

●汗をかいて顔はテカテカ、頭はベトベト

私は20代前半のころ、居酒屋でバイトをしていた時期がありました。
チェーン店でバイトをしていたのですが、私が勤務していたところはモデル店なのでとても広く従業員が多く、忙しい店でした。
あまりの忙しさにトイレにも行けないことがありました。
私はホールでお客様に料理を提供するのが主な仕事でした。
そのため、フロアに出る前に必ず身だしなみのチェックをしていたのですが、汗をかくので帰るころには顔周りがテカテカしていて頭は脂でベトベトでした。
そんなある日、仕事が終わってから地元の男友達にカラオケに誘われました。
私はこのとき化粧ポーチを持っていたので顔はなんとかごまかせました。
しかし、頭はベトベトでカラオケボックスの薄暗い部屋で鏡に映りテカテカと光っていました。
友達は気づかなかったかもしれませんが、とても恥ずかしかったです。

●美容師の人に髪がベトベトしているといわれショック

以前、いつも通っている理髪店と違って思い切ってとてもおしゃれな美容院でヘアカットの予約をしました。
美容院の美容師さんとそれまでは穏やかに会話も楽しみながら髪の毛のセットとカットをお願いしていたのですが、途中からヘアカットの方がとても気まずそうに苦笑いまでしてきて、頭皮がすごく脂ぎっていてとてもべとべとしていますって笑顔でさりげなく指摘をされてしまいました。
とてつもなく恥ずかしかったです。
さらにまだカットとかが終わらないっていうこともあって長時間この気まずいムードの中で私の髪の毛をカットしてもらっていて、この時間がすごく恥ずかしくて仕方がなかったです。

●同窓会で元カレに会って頭皮の脂を指摘され恥ずかしかった

同窓会があって、久しぶりに旧友たちと再開ができて本当に同級会に参加して良かったって思っていました。
その同級会で私は当時付き合ってすぐに破局をしてしまったクラスメイトの元彼と再会をすることができて、なんだかあの頃に戻ったかのような甘酸っぱい気持ちですごく余韻にも浸れていました。
しかし、その元彼からいきなりそれまで会話を普通にしていたのに同級会の終わった帰り際に頭皮の脂がすごいねって笑われてしまいました。
それで慌ててトイレで確認をしたら本当に頭皮が脂ぎっていてこんな頭でずっと同級会に参加していたのかって考えたら考えるだけ恥ずかしさで今すぐにでもこの世から消えてしまいたいっていう風にさえ思ってしまうくらいでした。

●授業参観で子どもが友達に頭皮がベトベトしていることをしゃべっていた

ずっと前に、子供の授業参観へ参加したっていう事があったのですが、私の子供は恥ずかしがっているばっかりで私は最初から最後まで本当に不安と緊張で一杯でした。
それでもどうにか授業参観の日は頑張って勉強をしている姿が見られて本当によかったって安心ができたのですが、その授業参観が終わったっていう時に、私の子供が友達と話をしているのを偶然聞きました。
子供は友達に内のお母さん頭がすごくべたべたしてて汚いんだよーなんて話をしていて、それってまさか頭皮のこと?!すぐさまトイレで確認をしたら本当に頭皮で脂ぎってしまっていて、こんな頭で授業参観に出席しただなんてって思わず脱力するくらい恥ずかしかったです。

●髪がべたついたまま美容院に行って恥ずかしかった

朝から美容院の予約をしていた前日、お酒を飲みすぎてしまい、シャワーを浴びずにそのまま寝てしまいました。
目覚ましにも気付かず、起きたら急いで美容院に行かないと間に合わない時間だったので、シャワー浴びれずにそのまま支度して美容院へ。
夏場だったので、身体はスプレーとかでごまかしましたが頭のことなど気にしていませんでした。
美容院について、席に案内され、鏡を見ると髪が結構べっとりでびっくりしました。
慌てて支度したので気づかなかったのですが、自分でも分かるくらいの臭いがしていました。
これから髪を触る美容師さんに恥ずかしく、申し訳ない思いをしました。
美容師さんも新メニューだったからかもしれませんが、頭皮ケアのヘッドスパのオプションをすごくお勧めしてきて、ばれてるのかと恥ずかしくなりました。

●娘を肩車して臭いと言われた

夏に子供達、お母さん達とみんなでランチをしている時に、娘が肩車をしてと言ってきたのでやってあげたら、頭が臭いからもういいと言われました。
みんないる中だったのでとても恥ずかしい思いをしました。
他のお母さん達は笑っていました。
家に帰ってからまた試しに肩車をやってみたらまた臭いと言われました。
とても暑い日だったので汗をたくさんかいていたからだと思いますが、それからシャンプーはしっかり泡だてて洗いコンディショナーはしっかり洗い流しました。それと、すぐドライヤーで乾かすようにしています。
それから、何日かしてまた娘に嗅いでもらいましたが臭いと言われなかったのでよかったです。
ただ、周りのお母さん達からは頭皮が臭いイメージがついてしまったのではないかと不安です。

●エスカレーターで彼に言われた一言

もう数年前のことですが、当時おつきあいしていた彼と、ウインドウショッピングをしていたときのことでした。
あちこち歩き回っていたため、若干汗ばんできてしまったかな、と思い始めた頃、エスカレーターに私、彼の順で乗り、下の階に向かっていました。
すると、ふと彼が、「今日は『私』のにおいが強い」と言ってきました。
聞いてみると、甘いような、苦いような、汗のようでもあるにおいと言われました。
香水はつけておらず、思い当たるのは頭のにおい!しかも、においが強いと思ったということは、普段から多少なりにおいが漂っているということです。
この経験をするまで、自分の頭皮のにおいが人に伝わっていると思っていませんでした。
くさいと言われなかったのは不幸中の幸いでしたが、まったく自覚がなかったため、非常に恥ずかしい思いをしました。

●お辞儀をした時に頭皮の臭いがした

私自身、頭には気を使っており、風呂に入ればシャンプーしながらの頭皮マッサージという流れを必ずやっていました。
もちろん頭皮の油もキレイにして不快感のないようにはしていました。
しかし、その日だけは事情によりあまり気を使いませんでした。

そんな日に会社で先輩から飲み会に誘われたため、起こってしまった話です。
向かった飲み屋で先輩と私ともに程よく酔った後、その先輩のオゴリだったためお礼をしようと外に出た時に深々と頭を下げたんです。
しかし、その時先輩は眉間にしわを寄せて、「お前のせいで酔いさめたわ」と言ってきました。
最初は私が酒臭いのかな?と思い「すいません!」と笑いながらその場を離れたのですが、後日その臭いが頭皮であることをその先輩に聞かされ、非常に恥ずかしかったです。

●ニット帽の臭いを嗅いだ娘の一言に

私はニット帽で冬を過ごします。
おしゃれですし、クセ毛の私はニット帽をかぶる事で髪のセットをしなくても良いからです。
ニット帽をかぶらない時は、クセを治すために朝シャンプーしていましたが、どうせニット帽をかぶるからとシャンプーせずにかぶっていました。
娘は面白がって私のマフラーや手袋を奪って自分の身につけてふざけるのですが、ある日ニット帽までも取り上げられました。
そして娘が私のニット帽をかぶろうとした時、「くさっ。」と言ったのです。
元々自分でも頭皮の臭いは気になっていましたが、帽子で頭が隠れるので油断していました。
聞いていた夫が娘が持っているニット帽を取り上げて臭いを嗅ぐと「くせぇ。おっさんのにおいだな。」と言い、私は恥ずかしさでいっぱいになりました。

●子どもに頭が臭いと言われて周囲にまで聞かれることに

私はそこまで人と比べて頭皮が臭いというわけではないと思います。
しかし私は子どもとかかわる仕事をしているため、恥ずかしい思いをしたことが何度かあります。
なぜなら子どもは正直なうえに、べたべたくっついてくるからです。
鼻を頭にくっつけてきて、「くさ!」と言ってきます。
どんなに綺麗な頭の人でも、鼻をくっつけてにおいを嗅がれれば臭いに決まっています。
しかし、「くさ!」という発言を周りの人が聞くと、この人は頭皮が臭いのか…と思われてしまいます。
子どもに言われるだけでも恥ずかしいですが、周りに大人がいて、大人に聞かれてしまうと本当に恥ずかしいです。
子どもが頭にくっついてこないように、気を付けていきたいと思います。

●満員電車で目の前の女性が不快な顔に

真夏の暑い日、電車に乗り遅れそうになったので走って電車に飛び乗りました。
満員電車でぎゅうぎゅう詰めな中、目の前の女性が不愉快そうにこちらを見ています。
特に失礼な事などしていないので知らん顔していると、あからさまに嫌な顔をしてきます。
何故かなっと思っていると、その女性は露骨にハンカチで鼻を押さえだしました。
私が臭いといわんばかりの態度です。
ショックで固まってしまいました。
他の乗員の方にも臭いと思われていそうで恥ずかしくジーット下を向いて耐えていた時間はとても長く苦痛でした。
職場の同僚にその話しをすると「たまに頭部から嫌な臭いしてるよ」っと言われ・・・。
ショックでショックで気が遠くなりました。
みんな知ってて黙っていたのでしょうか?
いつから臭っていたのでしょう?
私が臭いと噂していたのでしょうか?
そんな事が頭からかけ離れず立ち直るのにとても時間がかかりました。

●介護の仕事をしている時に

私の髪は毎日洗っているのに、何故かベタベタとしているのです。
ワックスをつけなくてもぬるっとしていて、汗をかいていないのにととても悩んでいました。
それだけじゃなく、何度か頭皮の臭いで恥をかいた事があります。

介護の仕事をしているので体の不自由な利用者さんの体を抱えて、入浴や排泄介助をする事があります。
そんな時に利用者さんから「変な臭い」「頭が臭くて嫌」と文句を言われた事があるのです。
声が大きいので他の利用者さんやスタッフにも聞こえてしまい、とても恥ずかしい思いをしました。

他にも電車に乗っていて隣の席に人が座ったと思うと、こちらを見て鼻を摘まむ仕草をしました。
あれは恐らく私の頭皮の臭いが相手に判ってしまったので、イラッとしてやったのだと思います。
申し訳ないと思いつつも顔から火が出るかと思いました。

●男性とぶつかった時に言われた言葉にショック

深夜番組を見ていて、入浴が面倒になり、明日の朝、起きたら入ろうと思っていたら、寝坊して、入浴せず化粧だけして外出した時のことです。
毛先の匂いをちょっとかいでみると、前日の朝のシャンプーの匂いが残っていたのと、手触りもサラッとしていたのでそのまま外出しました。
ところが、その日に限って猛暑で全身から汗が噴き出す嫌な感じが。
頭皮を指で触って匂いのチェックをしても特に匂いはありませんでした。
友達との待ち合わせのカフェに着いて、アイスコーヒーを飲んでいたらトイレに行きたくなって立ち上がった時に、入店してきた男性とぶつかってしまった時に、その男性が思わず口にしたのだと思うのですが、「くさっ」とひと言。
男性のちょうど鼻の下あたりにつむじ部分が当たったようでした。
シャンプーしていないのと、汗で悪臭マックスだったのだと思います。
恥ずかしくて穴があったら入りたかったです。

●満員電車で揺れて頭部が彼の顔近くに

付き合って間もない彼氏と2回目のデートのとき、すごく混んでいる電車に一緒に乗ったことがあります。
電車が大きく揺れて彼が私のほうへ体が傾いたとき、ちょうど彼の鼻の前に私の頭頂部が来ました。
そのとき、小さい声で「くさっ」と言ったのを私は聞き逃しませんでした。そして、自然と体を元に戻して、それからずっと上を向いていました。
私は背が小さいのでちょうど彼のあごの下くらいに頭がくる感じなので、普段から頭皮の臭いなどには気を使っていました。
デートの前もシャンプーをしてから出かけるようにしていたし、自分でもたまに頭皮の臭いがするなと思うことがあったので、ヘアコロンをつけたり工夫はしていました。
それでも無駄な努力だったのかなと思い、とても恥ずかしくなったことがあります。

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
頭皮がベタベタして恥ずかしかったことを伺いました。
あなたも「分かる分かる」と頷いたケースもあったかもしれません。
この様な恥ずかしい経験をしない様に頭皮のベタベタ対策をしたいものです。
長文の読了、ありがとうございました。

 - 頭皮の臭いケア , ,