20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

お坊さんサラリーマンのリアルな日々

花粉症対策

花粉症でくしゃみが止まらない!止める方法や対策はある?

更新日:

「春になるとくしゃみが止まらなくなって、周りの目が気になる!」

「くしゃみがとまらなくて、仕事に集中できなくて困った!」

「くしゃみの音が周りからもっと静かにしてと言われるけど、どうしようもなくて困ってる!」

「くしゃみを止める有効な方法って何かあるの?」

あなたは現在、こんな花粉症のくしゃみが止まらない症状でお困りでは無いでしょうか?

花粉症の症状の一種に「くしゃみ」がありますが、くしゃみもいざ止まらなくなると周りからはウイルスをまき散らしているように思われるので、とても気が引けますよね。
マスクなどしていても、周りの人たちは露骨にイヤな顔をするし・・・、でもくしゃみをしている人だって何も好きでやっているわけでも無いですし、困った物ですよね。
くしゃみだけならともかく、続けてくしゃみをしていると鼻水は出るし涙は出るし・・・、もうどうしようも無くなってしまいます。
そんな辛いくしゃみですが、何とか止める方法はないものかと、いろいろと調べてみると案外くしゃみを止める方法ってあるので、皆さんにもそんな「花粉症でくしゃみを止める方法」についてご紹介しましょう。

くしゃみを止める方法は?

春先の花粉症の時期は、冬の終わりの時期と重なって風邪やインフルエンザの流行している時期とも重なることから、人混みでくしゃみをすると周りの人はすごくいやがりますよね。
でもマスクも無いようなときに、何とか辛いくしゃみを止める方法はないものか、いろいろとくしゃみを止める方法を調べてみましたので、是非参考にしてみて下さい。

マスクをつける

まずはくしゃみを止めるのに一番有効な方法は、なんと言ってもマスクを装着することで、マスクを装着することで鼻からくしゃみの原因となっている物質の侵入を押さえることが出来ます。
もともと風邪や花粉症などでくしゃみが起きる原因とされていることは、鼻からウイルスが侵入することによるので、その侵入を防ぐことでくしゃみを止めることが出来る訳ですね。
もちろんマスクはくしゃみが出ているときに持っていないと意味が無いので、アレルギー性鼻炎の人などは特にお出かけの時なども複数いつでも使えるように、持っておくと良いでしょう。

マスク使用の注意点

注意点としては、マスクには裏と表があるので外に出ている面を「表」、肌や口触れる面を「裏」として利用するようにします。
見分け方としては、細菌のマスクには鼻にフィットさせるためにワイヤーが入っていますが、このワイヤーが入っている方が表になるので、確認してから装着するようにしましょう。
またマスクを外すときには、マスクにはウイルスや花粉などが付着していて、家に帰ってきてから手でマスクを触っていると、そのウイルスをまき散らしてしまいます。
マスクを外すときにはゴムひもの部分をそっと持って外したら、密封できる袋に入れて処分し、しっかりと手を洗い流しましょう。
もちろん一度使用したマスクをもったいないからと、使用するのは絶対に止めましょう。

薬を飲む

くしゃみを止めるには、一般的には抗ヒスタミン薬が良く使用されていて、ヒスタミンの発生を抑える効果があるので、服用すると効いている間はくしゃみを止めることが出来ます。
即効性がある薬なら、服用後数分で効果が現れてきますが、反面鎮静や催眠作用がある物も多いために、仕事や車の運転などをするときには十分に注意が必要となります。
病院で処方してもらう場合にも、予め車の運転や仕事などがある場合には、そのことを伝えて眠気が出にくい薬を処方してもらうと良いでしょう。
ドラッグストアーで購入するときも、眠気が出にくくて喉の渇きなどが出にくいタイプを購入すると良いでしょう。
しかし薬を飲むことは、一時的にくしゃみを止めているだけで、アレルギー性鼻炎や花粉症などが原因で起こっているくしゃみの場合には、飲み続けなければ症状が治ることはありません。
薬の服用を続ける事は、それなりに体への影響もある事を十分に考えて使用するように気をつけましょう。

鼻の下を押す

くしゃみを一時的に止める方法として有効とされることに、鼻の下と唇の間の部分を人差し指で押すという方法があります。
くしゃみが出る原因は、ヒスタミンが放出されることでくしゃみ中枢を刺激することで起こるとされていますが、こういった情報を脳に伝えているのが三叉神経と言われています。
この三叉神経は、鼻の中だけで無く顔面や口の中にもあるので、鼻の下を押すことによってその刺激が三叉神経を経由して、脳へと伝達されていきます。
ヒスタミンの刺激と圧迫した刺激が脳に伝達されるので、くしゃみの夜反射が抑えられるので、くしゃみを抑えることが出来ます。
えーこんなことで本当にくしゃみが止められるのと思う方は、是非試してみて下さい。

体や鼻を温める

お風呂に入ってからだが温まると、不思議と鼻水が止まったりくしゃみが止まったりするのは、誰でも経験がありますよね。
でもくしゃみが出る度にお風呂に入るわけにも行かないので、そんな時には体全体を暖めなくても部分的に温めてもくしゃみを止めることが出来ます。
局所温熱療法というやり方で、まずタオルに水分を含ませて電子レンジで1分ほど温めて、熱くない程度に冷めたら、鼻の穴を避けてタオルを掛けて鼻の周囲を温めて上げます。
そのまましばらくしていると鼻の通りが良くなって、くしゃみや鼻水も収まってくるので、皆さんもくしゃみで困った時には一度やってみてはいかがでしょうか。
また紅茶や香りの良い温かい飲み物の香りを嗅いでいると、蒸気によって鼻の通りが良くなってくしゃみも止まるので、こちらも是非試して頂きたい方法です。

部屋の温度調節や加湿を行う

室内にいるときのくしゃみを止める方法としては、部屋の温度調節と加湿を行うのが大変有効な方法となっています。
そもそも冷えすぎや乾燥は、風邪を引きやすくウイルスが繁殖しやすい環境を作ってしまうことになり、寒暖差のアレルギーの場合でも、くしゃみの一因となっています。
そのために部屋の湿度は最低でも40%を維持し、理想とされる湿度は50%前後になるので、湿度計などを部屋に置いて加湿器で湿度コントロールを行いましょう。
その時は加湿器もメンテナンスをしっかりと行わないと、細菌が繁殖して加湿と同時に細菌もまき散らす場合もあり、逆にくしゃみの原因となる事もあるので、しっかりとしたメンテナンスを心がけましょう。
室温に関しては、20~25℃くらいに保つのが理想とされているので、湿度計と合わせて温度計も室内のよく見えるところに設置して、温度管理を注意しましょう。

ハウスダストを防ぐ

室内にいるときには温度と湿度の管理も大事ですが、そもそもくしゃみの原因となる花粉などは、外から入ってきて室内にハウスダストとして空気中にただようために、それを吸ってしまいくしゃみの原因となります。
それだけに室内の中にいてもそのハウスダストを吸い込んでしまい、くしゃみを誘発してしまうことになるので、ハウスダストを防ぐこともくしゃみを止める大事な要素になります。
ハウスダストを防ぐには室内を清潔に保ち、こまめに掃除をしてほこりを可能な限り取り除いておくことが大事で、ムートンやファー素材のカーペットや衣類などもアレルギー体質の人は避けた方が良いでしょう。
また閉めきった空間のハウスダストを除去するには空気清浄機の使用も効果的なので、もしまだ空気清浄機が自宅に無いようでしたら購入を検討してみてはいかがでしょうか。
花粉症の原因となる花粉は、出来るだけ家の中に持ち込まないようにする必要があるので、外出から自宅に戻ったときには、玄関先で十分に花粉を落としたり上着は室内に満ち込まないなどの工夫が必要です。

生活習慣にも注意が必要!

辛い花粉症のくしゃみも、花粉やハウスダストなど外的要因ばかりに気を取られやすいですが、実は普段の生活習慣にも影響があるんです。
タバコを吸うことは、タバコの煙が鼻の粘膜を刺激してしまうので、アレルギー性鼻炎を誘発してくしゃみの原因となってしまいます。
くしゃみを抑えたいなら、家族でタバコを吸う方がいても同じなので協力してもらい、たばこの影響を受けないようにしましょう。
またペットを飼っている家では、ペットの毛やフケなどもくしゃみの原因のアレルギー物質となるので、ペットを買っている家では、室内の掃除をこまめにしてペットのシャンプーやブラッシングにも気をつけましょう。
体がいくら健康な人でも、過労・運動不足・睡眠不足などの影響を受けると、体の免疫色が低下してしまい、くしゃみを引き起こす原因となります。
普段から適度な運動と、十分な休息や睡眠には気をつけながらの生活を過ごしましょう。

くしゃみを我慢するとどうなるの?

そもそもくしゃみが出るというのは、鼻の奥にある粘膜に細菌やウイルスなどの外的な刺激物が付着すると、体内に侵入しないようにするために空気と一緒に吹き飛ばす役割があります。
したがってくしゃみが出そうになったときに我慢をしてしまうと、その細菌やウイルスがなどが体内に侵入してきてしまい、体に悪影響を及ぼす原因を作ってしまいます。
またトイレを我慢するのと同じで、生理的な動作を無理に抑えてしまうことになるために、呼吸器系に悪影響を及ぼしたり、自律神経に乱れが生じたりすると言われています。
また無理にくしゃみを出にくくするために鼻をつまんだりすると、軌道の空気圧が高まって鼻とつながっている部分に突然圧力が掛かるので、鼓膜の破れ・咽頭の骨折・目の腫れなどが起きることがあります。
くしゃみは、体の作り上必ず必要な運動になるので、無理に我慢せずに出るときにははっきりと出すように心がけましょう。

花粉症のくしゃみを止めるには、やはり体質改善が必要!

ここまではより具体的に花粉症のくしゃみを止める方法についてご紹介してきましたが、ご紹介してきた方法はいずれも一時的には止まりますが、根本的な解決にはなっていません。
やはり長期的に花粉症になりにくい体質にするためには、根本的な体質の改善が必要となるので、その体質改善方法をご紹介します。
体質改善と行っても、中々専門医に通院して長期的な治療を受けるのも、忙しく働いている現代人には難しいですよね。
そんな時におすすめなのが、家にいながらでも手軽にしかも無理なく継続できる、簡単な体質改善方法が日本人に親しみの深い緑茶を飲む方法があります。

どうして緑茶がおすすめなの?

それではどうしてこの緑茶が花粉症などの体質の改善に有効なのかというと、茶の中にはカテキンという成分が含まれていて、このカテキンはくしゃみなどの原因にもなっている過剰に分泌されるヒスタミンを抑える効果があります。
そのために緑茶を飲み続けることで、カテキンの成分がくしゃみの要因のヒスタミンを抑えてくれるので、くしゃみなどの花粉症の症状がおさまってくれます。
またお茶には緑茶ばかりでなく、美容や健康に効果がある成分がたくさん含まれているお茶があるので、そういったお茶もさまざまな効果が期待できるのでおすすめです。

花粉症の改善のためにお茶を飲む事のメリットやデメリットは何に?

花粉症の改善のためにお茶を飲む事のメリットとしては、小さなお子さんや高齢者の方など抵抗力の弱い方でも安心して飲む事が出来ます。
また薬害が不安視されやすい妊婦さんや授乳中の女性の方でも、副作用などの心配が無く飲用することが可能です。
もちろん健康的に不安の無い人でも、薬害の影響は誰もが心配なところだけに、大きな副作用の心配をしないで飲用できるのはありがたいですよね。
花粉症だけで無く美容効果や免疫力の向上、またリラックス効果なども期待できることも、メリットとして上げられます。
一方デメリットとしては、薬のように花粉症の症状に対して即効性は無いために、今すぐに症状を改善したいというようなときには、短時間の症状改善の効果は期待できません。
また薬とは違い、すべての人に対して確実に効果があるわけでは無いために、ある程度効果を見極めた上で飲用する必要があります。
またお茶の葉を煮出したりする手間が掛かるために、継続的に飲用するためには根気が必要になってきます。

花粉症のくしゃみにより有効なお茶はこれだ!人気ランキングベスト3!

お茶が花粉症にとっても効果があるのはわかりましたが、煮出したりする手間もかからない粉末屋ティーパック式で、より効果的に症状を改善したい方におすすめしたいお茶をまとめましたので、おすすめしたいベスト3を紹介します。

1位 鼻炎・花粉症を改善「白井田七。茶」

白井田七。茶

お茶の産地静岡の無農薬有機栽培で作った緑茶に、中国から伝来の和漢の王様「田七人参」を国内にて有機栽培されて作られたお茶が、「白井田七。茶」で鼻炎・花粉症に効果があります。
緑茶には、ポリフェノールの一種で健康維持成分でもあるカテキン、アミノ酸の一種でリラックスしたい方におすすめなテアニン、女性にはうれしいビタミンなどが含まれています。
一方の田七人参には体内では作られない健康維持にはかかせないアミノ酸、スムーズなめぐりをサポートしてスッキリと健康な体に導いてくれるフラボノイド、糖をエネルギーにしてバランスの良い体質へ導いてくれるサポニンなどが配合されています。
鼻炎・花粉症を改善するのにとても有効に「白井田七。茶」、ぜひくしゃみが止まらなくてお困りのあなたにおすすめしたい一品です。

「白井田七。茶」についてはこちらをどうぞ。
白井田七。茶について詳しく見てみる

白井田七。茶

2位 鼻炎・花粉症・イビキの悩みに「えぞ式すーすー茶」

えぞすーすー

「甜茶(てんちゃ)」と呼ばれる中国では古くから薬草として飲まれていて、すーすーとしたスッキリな毎日を送れることで重宝され、特にバラ科の甜茶は効果が高いとされています。
「クマササ」は北の大地の北海道では薬草とて使われ、おにぎりをクマササの葉でくるんで保存する殺菌作用はよく知られ、栄養も豊富で健康を支える植物として人々を支えてきました。
赤紫蘇も北海道では昔から薬草として使用されていて、ポリフェノールの一種の「ロズマリン酸」が配合されていることから、スッキリと爽快にしてくれる効果があります。
「おさえる」「やわらげる」「しずめる」といった効果を考え、これら3つの成分がバランス良く配合された、より花粉症のくしゃみの解消におすすめなのが、「えぞ式すーすー茶」です。
鼻炎・花粉症・イビキの悩みに、そしてくしゃみが止まらない方はぜひ「えぞ式すーすー茶」を一度お試し下さい。

えぞ式すーすー茶について詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
えぞ式すーすー茶について詳しく見てみる

えぞ式すーすー茶

3位 京都やまちや「なたまめ茶」

なたまめ茶

京都やまちやの「なたまめ茶」に使われているなたまめは由緒ある滋養豊富な豆とされていて、そのナタマメに含まれるカナバニンという成分によって、身体をスッキリさせてくれる効果があります。
またなたまめは、カルシウム・マグネシウム・リン・カリウムなどのミネラル成分がたっぷり含まれていてるのが特徴となっています。
その強い生命力が強く太陽と大地の恵みを受けたなたまめを身体に取り入れやすく仕上げたのが京都やまちやの「なたまめ茶」です。
身体に良い玄米・黒豆・ハブ茶・桑の葉などのそれぞれの成分補配合し、カフェインはもちろん保存料なども一切含まれていないので、安心して飲み続けられるように作られています。
そんな栄養たっぷりでおいしい「なたまめ茶」を飲んで、くしゃみが出にくい身体作りをしてみましょう。

京都やちやのなたまめ茶について詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
なたまめ茶|京都やまちや

なたまめ茶

なた豆茶の効能効果がやばい!口コミランキングも大公開

まとめ

花粉症でくしゃみを止める方法はある?についていろんな方法についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
くしゃみを止める方法は、生活環境を改善したり工夫をすればある程度は防げますが、やはり一番は薬などは使用しないで、アレルギー体質を改善するのが良いようですね。
そのためにも1番おすすめなのがお茶を愛飲する方法なので、皆さんも手軽に体質改善が出来るお茶を利用して、お悩みのくしゃみから解放されてみませんか。

関連記事になります。合わせてごらんください。

花粉症対策のお茶ランキング|花粉症に効くおすすめのお茶はどれ?

花粉症対策におすすめのお茶10選。ハーブティーも紹介

花粉症対策におすすめの市販薬ランキング!人気の一般用医療薬はどれ?

熱っぽいけど花粉症って熱がでるの?38度を超えることある?

花粉症の症状|のどの痛みや喉のかゆみがある時の対処法

花粉症でさらさら鼻水が止まらない。止める方法って何かある?

花粉症の鼻づまりで寝れない人に朗報。解消法を徹底解説

花粉症で目がかゆい。目のかゆみ対策は何がおすすめ?

花粉症で涙が出る!止まらない!対策は何かある?

子供の花粉症対策にお茶がいいって本当?その理由を徹底解説

最後にお茶のランキングを掲載します。

1位

白井田七。茶について詳しく見てみる

2位

えぞ式すーすー茶について詳しく見てみる

3位

なたまめ茶|京都やまちや

-花粉症対策
-, , , ,

Copyright© お坊さんサラリーマンのリアルな日々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.