20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

お坊さんサラリーマンのリアルな日々

花粉症対策

子供の花粉症対策にお茶がいいって本当?その理由を徹底解説

更新日:

 

「子どもが花粉症になっていて、何とかしてあげたいけど良い方法は無いの?」

「子どもが花粉症で困っているけど、薬は副作用が怖くて使えない!」

「子どもの花粉症対策に薬を使わないで直す方法は無いの?」

「子どもの花粉症対策にお茶が有効って聞いたけど、どんなお茶があるの?」

あなたも子どもが花粉症になって、対策に困っていませんか?

子どもの花粉症の患者数は年々増加していて、現在では5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%の確率で発症していて、なんと赤ちゃんでも花粉症になっているケースも報告されているそうです。
成長期にある子どもだけに、花粉症のような病気は親としても大変心配なところですが、副作用を考えると変な薬も使いたくないですよね。
今回はそんな子どもの花粉症を心配している、お父さんやお母さんに是非聞いて頂きたい、子どもの花粉症対策についてのご紹介です。

子どもの花粉症の症状は?

大人が発症する花粉症には、鼻水・鼻づまり・くしゃみ・涙・目の充血・喉の痛みなど様々な症状がありますが、子どもの場合はどうなのでしょうか?

くしゃみより鼻づまり!

子どもの花粉症の特徴としては、くしゃみは大人のよう頻繁に出ることは少なく、大人よりも鼻が小さいために花粉が1度鼻に入るとすぐにつまってしまいます。
花粉が鼻に直ぐに入ってしまうので大人のよう鼻水になって出ることはあまり無く、圧倒的に鼻づまりという形で症状が現れてきます。
でも子どもが鼻がつまっているかどうか見分けるのは中々難しいので、鼻がつまっていると呼吸が苦しいので口呼吸が多くなり、口を開けていることが多くなります。
こういった所をよくみて注意深く観察して開けるように努めましょう。

大人より鼻水は粘っこい!

花粉症の時に出てくる鼻水は、大人の時には水のようにさらさらしていますが、子どもの鼻水は鼻づまりの影響もあって粘り気のある鼻水になるのが特徴です。
どうしても鼻水だけでは風邪と間違えてしまいやすいですが、熱もないのに鼻がつまって粘り気のある鼻が出るときには花粉症を疑いましょう。

目を頻繁にこすったり、鼻をピクピクさせているときは要注意!

子どもの花粉症の症状は鼻づまりばかりでは無く、目の症状として発症することもあり、無意識に頻繁に目の周囲をこすったり、目の充血や目の周りのむくみといった症状が現れます。
また鼻に花粉が入ると鼻ムズムズするために、こちらもまた無意識に鼻をこすったりかいたり鼻をピクピク、また口をモグモグさせたりする症状も出る場合が良くある様です。
こういった仕草が子どもに現れているときには、花粉症を疑った方がいいようですね。

親の花粉症の遺伝は関係あるの?

子どもが花粉症の疑いがあると、親としては「自分も花粉症だからやっぱり遺伝なの?」と考えてしまいますが、実際の所花粉症は本当に遺伝するのでしょうか?
以前目薬などで有名な「ロート製薬」が行った花粉症の調査によると、両親が花粉症の場合の子どもの花粉症の割合は43.2%なのに対して、両親が花粉症で無い場合の子どもの花粉症の割合は11.6%です。
この数字を見て直ぐにわかるように両親が花粉症の子どもが花粉症になる比率は、花粉症で無い両親の子どもよりも圧倒的に多いことを考えると、やはり遺伝する場合はあるということになりますよね。

子どもが花粉症になったら、何科を受診すればいいの?

子どもが病気をしたときに受診するときには、大抵の場合には小児科を受診してるケースが多いですが、子どもが花粉症を発症した場合には、何科を受診すれば良いのでしょうか?
明らかに花粉症とわかっているのであれば、適切な処置をしてもらうには耳鼻科を受診するのが無難と言えます。
小児科の場合でも初歩的な治療は行えますが、しっかりと血液検査などを行ってアレルギー反応なども調べてくれた上で薬を処方してくれるので、より耳鼻科はおすすめです。
しかし熱が出た時やアトピー性皮膚炎などの症状の時には、小児科の方が良いようなのでなかなか親としてはその当たりの見極めに苦労するところです。
最近ではアレルギー科を併設している小児科も増えていることから、口コミで近くのアレルギー科を併設している小児科を探してみるのも1つの方法です。

子どもの花粉症の治療は、どんなことをするの?

子どもが花粉症と診断されたとき、実際にはどのような処置をされるかやはり親としては心配になりますよね。
では実際に子ども花粉症の処置の場合は、薬の投与が中心となって基本的には大人と同じような治療法となるようです。
処方される薬は、子どもの花粉症の症状に応じて「抗ヒスタミン薬」といった飲み薬、また「ステロイド点鼻薬」などを使用しての治療となります。
以前まではこれらの薬は大人に対してのみの使用となっていましたが、最近は子どもに対しても使用できるようになってきて、治療する幅も広くなっているようです。

子どもが花粉症対策に薬を使用するデメリットは?

花粉症の子どもが辛そうにしているのもかわいそうですが、そうは言っても副作用の心配がある薬を飲ませるのも、なんとなく不安がありますよね。
実際に花粉症の多くの症状の場合に処方される、「抗ヒスタミン薬」を使用した場合の考えられる副作用には、どんなものがあるのかについてご紹介します。
まずメリットとしては効果に即効性がある為に、服用することで一時的にすぐに症状を和らげることが出来て、それなりに持続性もあるので6時間程度であれば症状が和らぎます。
しかし、一方で抗ヒスタミン薬は眠気やけん怠感が出たりすることがあり、希なケースではパーキンソン症候群の症状が出て、10数年後には寝たきりになるなんて事も・・・。
これが子どもの場合となると、ふるえ・けいれん・手足のつっぱり・ひきつけ・首のそり返り・異常な目の動などさまざまな副作用が考えられます。
この症状が重症になると、肝臓が重い症状となったり血小板の減少なども考えられるので十分な注意が必要となります。
風邪なのか花粉症なのかわからなくで、とりあえず療法の薬を飲んでしまうことがある様ですが、これは絶対にやってはいけません。
風邪薬と他の薬を併用すると血中濃度が高くなったり、肝臓疾患や心臓疾患ガある人は重度の不整脈を発症してしまう危険もあります。
最近の薬はかなりこれらのリスクは少ない薬が開発され処方されてはいるようですが、それでもやっぱりリスクが少しでもある薬であれば、子どもは服用させたくないのが親心ですよね。

おすすめの子どもの花粉症対策は?

副作用が心配なので、子どもにはできるだけ薬は飲ませたくないという方は多いと思いますが、そんな方のために、ここからは薬に頼らずに花粉症の症状を抑える方法をご紹介します。

めがねやマスクを着用する!

春先の花粉症の季節になると、外を歩いていると花粉症対策に多くの人がマスクとめがねを着用していますが、このマスクとめがねの着用は当然子どもの花粉症対策としてはとても有効な方法と言えます。
最近は花粉症専用めがねとして、花粉を98%までカットできる高性能めがねや、花粉症専用と感じさせないような斬新なデザインのめがねも発売されています。
そんな花粉症専用めがねにも、当然小さな子供用のめがねも発売されているので、花粉の季節の外出時にはマスクと合わせて使用すれば、より効果的に花粉症の症状を抑えることが出来ます。

ワセリンを塗る!

「ワセリン」と呼ばれる原油を原料として高純度に精製して作られた保湿剤があり、このワセリンは以前から花粉症の予防にとても効果があると言われています。
微量のワセリンを鼻の中・鼻の周り・目の周りに塗っておくと、花粉が体内に入ってくるのを未然に防いでくれるので、花粉症の症状が出にくくなります。
副作用の心配もいらず何ら面倒なことも無いワセリンをちょっとだけ塗るという方法は、花粉症に困っている子どもにはありがたい存在になりそうですね。
ワセリンは花粉症に効果があるだけで無く、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などのアレルギー性の疾患にも効果があると言われているので、これらの症状も子どもに多く見られる症状だけに、上手にワセリンを活用してみましょう。

室内には空気清浄機を設置する!

外に出ているときにはマスクやめがねで花粉の侵入を防ぐことが出来ますが、衣類にも当然花粉は付着してそのまま室内に持ち込んでしまうことも当然あります。
せっかく外に出ている時にめがねやマスクを使って花粉の侵入を防いでも、そんな室内に持ち込んでしまった花粉を吸い込んでしまってはどうしようもありません。
そのために室内空間での花粉対策として大変有効なのが空気清浄機があり、空気清浄機には花粉やほこりを除去するだけで無く、風邪の原因となるウイルスを除去してくれたり不快な臭いもとってくれます。
花粉症に限らずアレルギー性鼻炎などにも効果があるので、また使用してないのであればぜひ子どものためだけで無く家族全員のためにも、1台購入して設置してみましょう。

子どもの花粉症対策には、お茶が最適です!

めがねやマスク、ワセリンとそれなりには効果がありますが根本的に花粉症が直るわけでも無いので、出来るなら薬を使わずに、子どもの体質を改善して直して上げたいですよね。
そんな時におすすめしたいのが、お茶を飲むことで体質を改善させて花粉症に強い身体を作るという方法があります。
元々お茶に含まれている成分の中には、ヒスタミンを抑制したり、抗アレルギー作用があるため、花粉症の症状を抑えてくれる効果があります。
お茶の中にはカフェインが含まれているタイプもありますが、子どもが安心して飲む事が出来るノンカフェイン、低カロリーのお茶が数多く発売されているので、安心して飲用することができます。

子どもの花粉症対策にお茶を使用するメリットは?

・薬のような副作用の心配が無いので、安心して飲用することが出来ます。

・花粉症の症状を抑えるだけで無く、免疫力の向上などの効果もあります。

・子どもや高齢者など、抵抗力が弱い人でも安心して使用を続ける事が出来ます。

・妊婦さんや授乳中の方でも、問題なく飲用することが出来ます。

・他の薬と併用して使用する事が出来るので、安心して飲めます。

子どもの花粉症対策にお茶を使用するデメリットは?

・薬を服用したときのように、症状を直ぐに改善するような即効性が無い。

・お茶の種類や相性などによって効果には個人差があるために、ある程度自分に合うお茶を見極める必要があります。

・飲用するために毎回お茶を作る必要があります。

子どもの花粉症対策にお茶を使用した時のメリットとデメリットをまとめてみましたが、即効性はないものの副作用も無く安全に飲用できて、自然に免疫力が向上できるのは何よりもありがたいですよね。
そんな便利なお茶ですが、市販のお茶よりもより子どもの花粉症対策に有効で、飲用するにもっと手軽なタイプは無いかと、いろいろと当サイトとしても調べてみました。
当サイトとしてはいかの3つのお茶を子どもの花粉症対策として特におすすめしたいので、ランキング形式で1位から3位までのおすすめのお茶をご紹介しましょう。

1位 鼻炎・花粉症を改善「白井田七。茶」

白井田七。茶

お茶の産地静岡の無農薬有機栽培で作った緑茶に、中国古来から珍重されてきた和漢の王様と呼ばれている「田七人参」を有機栽培で配合したお茶が、鼻炎・花粉症を改善におすすめの「白井田七。茶」です。
緑茶にはアレルギー反応を抑制する茶カテキンが配合されているので、花粉症の諸症状を抑えてくれる効果があります。
緑茶にはカフェインが含まれていますが、「白井田七。茶」に含まれている緑茶には、低カフェインのものを採用しているので、ちいさな子どもが飲んでも心配ありません。
鼻炎・花粉症を改善するのにとても有効に「白井田七。茶」、緑茶が普通に飲む事が出来るなら、花粉症でお悩みのお父さんやお母さんは、是非お子さんに飲ませて上げてほしいおすすめのお茶です。

「白井田七。茶」についてはこちらをどうぞ。
白井田七。茶について詳しく見てみる

白井田七。茶

2位 鼻炎・花粉症・イビキの悩みに「えぞ式すーすー茶」

えぞすーすー

「甜茶(てんちゃ)」と呼ばれる中国では古くから薬草として飲まれていて、とてもスッキリな毎日を送れることで重宝され、特にバラ科の甜茶は効果が高いとされています。
「クマササ」は北海道では昔から薬草とて使われていて、おにぎりをクマササの葉でくるんで保存するように殺菌作用は有名ですが、栄養も豊富で健康を支える植物とされています。
「赤紫蘇」も昔から北海道では薬草としてよく使われていて、ポリフェノールの一種の「ロズマリン酸」が配合されているので、すっきりと爽快にしてくれます。
「甜茶(てんちゃ)」・「クマササ」・「赤紫蘇」、これら3つの成分がバランス良く配合された、より花粉症症状のの解消におすすめなのが、「えぞ式すーすー茶」です。
この「えぞ式すーすー茶」には、カフェインも含まれていないことや甘味のある味付けとなっていることから、子どもでもより飲みやすいお茶に仕上がっています。
長く飲み続けるには子どもの場合苦みがあると中々飲み続けにくい場合も多いので、子どもの花粉症にお悩みで、何とか薬を使わず体質改善を考えている方には、よりおすすめしたいお茶です。

えぞ式すーすー茶について詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
えぞ式すーすー茶について詳しく見てみる

えぞ式すーすー茶

3位 京都やまちや なた豆茶

なたまめ茶

京都やまちやの「なた豆茶」に使われているなたまめは由緒ある滋養豊富な豆とされていて、そのなた豆に含まれるカナバニンという成分によって、身体をスッキリさせてくれる効果があります。
またなたマメは、カルシウム・マグネシウム・リン・カリウムなどミネラル成分がたっぷり含まれていているので、生命力が強く太陽と大地の恵みを豊富に含んだなた豆を身体に取り入れやすく作られたのが「なたまめ茶」です。
なた豆から作られたお茶にはデトックス効果があり、体内に入り込んだ花粉を体外へ放出してくれるので、自然な形で小さな子どもの花粉症の症状を改善するのにとても効果的です。
身体に良い玄米・黒豆・ハブ茶・桑の葉などのそれぞれの成分補配合し、カフェインはもちろん保存料なども一切含まれていないので、小さな子どもでも安心して飲み続けられるように作られています。
そんな栄養たっぷりでくせが無くスッキリとした味の「なた豆茶」なら、子どもでも飲みやすく飲み続けることが出来るので、ぜひ子どもに飲ませて花粉症になりにくい体質をつくってあげましょう。

京都やちやのなたまめ茶について詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
なたまめ茶|京都やまちや

なたまめ茶

なた豆茶の効能効果がやばい!口コミランキングも大公開

まとめ

「子供の花粉症対策にお茶がいいって本当?その理由を徹底解説」にいてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?
小さな子どもが花粉症の症状で苦しんでいるのを見ているのは親としては辛いところですが、将来を考えると副作用の危険もあるのであまり飲ませたくないのが本音ですよね。
やはりそんな時におすすめしたいのが、当サイトでもご紹介しているおすすめの3つのお茶ですので、お子さんが花粉症で苦しんでいるお父さんやお母さんは、是非お子さんに飲ませてみてはいかがでしょうか。

関連記事になります。合わせてごらんください。

花粉症対策におすすめのお茶10選。ハーブティーも紹介

花粉症対策におすすめの市販薬ランキング!人気の一般用医療薬はどれ?

熱っぽいけど花粉症って熱がでるの?38度を超えることある?

花粉症の症状|のどの痛みや喉のかゆみがある時の対処法

花粉症でさらさら鼻水が止まらない。止める方法って何かある?

花粉症対策のお茶ランキング|花粉症に効くおすすめのお茶はどれ?

花粉症の鼻づまりで寝れない人に朗報。解消法を徹底解説

花粉症でくしゃみが止まらない!止める方法や対策はある?

花粉症で目がかゆい。目のかゆみ対策は何がおすすめ?

花粉症で涙が出る!止まらない!対策は何かある?

最後にお茶のランキングを掲載します。

1位

白井田七。茶について詳しく見てみる

2位

えぞ式すーすー茶について詳しく見てみる

3位

なたまめ茶|京都やまちや

-花粉症対策
-, , ,

Copyright© お坊さんサラリーマンのリアルな日々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.