20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

お坊さんサラリーマンのリアルな日々

なた豆茶

なた豆歯磨き粉の効果がすごい!ネバネバ対策や口臭に効果があるって本当?

更新日:

 

「口臭を人から指摘されてすごいショック!何か良い方法は無いかしら?」

「口臭の原因って何が影響してるの?何か病気なの?」

「口の中がネバネバして気持ち悪いんだけど、どうしたらいいの?」

「口臭や口の中がネバネバする対策にはなた豆歯磨き粉がいいって聞いたけど、効果は?」

皆さんもこんな口臭や口の中のネバネバなどの、お口のトラブルで悩んではいませんか?

年齢を重ねるにつれてどうしても気になってくるのが「口臭」ですが、毎日しっかりと歯磨きしてるのになんだかまた臭ってる気がするなんて経験をお持ちの方は多いですよね。
しっかりと歯磨きしてるのにどうしても口臭が・・・。
思うように息がスッキリしなかったり、口の中がネバネバしたり・・・。
こんな状態ではなんだか気分までもやもやしてしまいます。
そんな事でお悩みの方にとってもおすすめなのが「なた豆歯磨き粉」です!
今回はそんな「なた豆歯磨き粉の効果がすごい!」といった内容で、なた豆歯磨き粉の効果について徹底検証してみました。

そもそも口臭って何が原因なの?

「なた豆歯磨き粉」が口臭にとても良いのは冒頭でも触れましたが、そんななた豆歯磨き粉についてよく理解して頂くためにも、そもそもそもそも口臭って何が原因なのかについて知っておく必要があります。
まずは具体的に口臭の原因となる理由についてご紹介していきましょう。

食べ物や飲み物が原因となる口臭

そもそも口臭の主な原因となる事に、普段口にしている食べ物や飲み物などの嗜好品が影響して居る場合がよくあるんです。
その口臭の原因となる具体的な食べ物として、にんらく・ニラなどの食材やらっきょやタマネギなども口臭の原因となりやすい食べ物に挙げられます。
こういった食べ物が原因となる場合の口臭については、時間の経過と共に臭いは緩和されていくので、早く臭いを消したいときには牛乳を飲んだり、ブレスケアなどによって抑えることも可能です。
お付き合いが多い方の場合には、タバコやお酒を好んで摂取する方も多いと思いますが、これらの嗜好品も口臭の大きな原因となります。
タバコやお酒の臭いについては周りの方への配慮が大切になり、特にタバコの場合には注意が必要ですし、自分自身も健康のための注意が必要となります。

虫歯や病気が原因となる口臭

虫歯が発生すると、その虫歯が原因となって食べ物が口の中に詰まりやすくなってしまい、それが口臭の原因を作ってしまうことがあります。
多少なら大丈夫だろうと考えたり痛みが無いからと虫歯を放置しておくと、後でおおがかりな治療が必要になることもあるので、虫歯の自覚があるときに口臭対策のためにも、すみやかに治療を受けるようにしましょう。
消化不良などおなかの調子が良くなかったりすると、胃の中で十分に食べ物が消化しきれなくなり、その腐敗した臭いの影響が口臭となる場合もあります。
また虫歯が無いのに口臭が気になったり、歯磨きしてもなかなか症状が改善しないときには、身体の消化器系の病気が原因となる事があります。
そう言った場合には、悩んでいないでまずは病院で受診して、適切な処置を受けるようにしましょう。

歯周病が原因となる口臭

食べ物や飲み物が原因の場合や、虫歯や病気が原因についてご紹介しましたが、実際の口臭の原因の多くは口内の細菌が原因となっているケースが非常に多くあります。
年齢が高くなってくると歯周病菌が増えてくるために、これが原因となって口臭となる事があります。
このような歯周病が原因となった口臭は、歯磨きやブレスケアなどのを使ったり、食べる食べ物に気をつけても有効な対策とは言えません。
普段からしっかりと歯周病への対策をとり予防していく事が、口臭を防ぐことにつながります。

口内のネバネバが口臭の原因に?!

口臭の原因となる主な原因についてご紹介しましたが、それでは口内のネバネバが起きるのはどうしてなのでしょうか?
実はこの口内のネバネバが口臭の原因になっているので、対策のためにもこの口内のネバネバについてよく知っておきましょう。

どうして口内のネバネバが起きるの?

口の中がネバネバするという経験の多くは、朝起きた時や夏の暑いときなどによく自覚される症状と思いますが、これは生活習慣などの影響もあって唾液の分泌量が少なくなると、このような症状となって現れてきます。
夏の暑いときや朝起きた時は、体内の水分が減ってしまうために口の中の水分が減少してしまい、その影響で口内が乾燥してしまうために、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
本来であれば唾液には殺菌作用があるので、唾液の分泌量が減ってしまうことも口の中の粘つきにつながり、そのまま放置しておくと細菌が繁殖して歯周病菌がたまりやすくなってしまいます。
体調の変化やストレスなどが原因となって、一時的に唾液の分泌量が減ると言う事もありますが、これらの自覚症状がある場合には、症状を悪化させないためにも対策を取る必要があります。

実はこの口のネバネバが口臭の原因だった!

口の中がネバネバする自覚症状がある方には注意しておく事があって、こういった口の中の粘つきの原因のほとんどが細菌によって発生しています。
ネバネバの原因となっている細菌は、口の中では歯石や歯垢などのかたまりとなって残ってしまうために、これが口臭の原因を引き起こしてしまうわけです。
ネバネバしている状態をそのまま放置しておくと、さらに口の中で細菌が繁殖して口臭は強くなってしまうために、粘つきを感じたときには早めに歯ブラシなどをして対処しましょう。
また口臭の原因となる唾液の分泌量の減少も口臭の原因となってしまい、唾液本来の殺菌作用が弱まれば消化不良を起こしたり、消化器系の病気に発展してしまう危険も出てきます。
このように口の中のネバネバは、放置しておくと口臭の原因になるだけでなく、さまざまなトラブルに発展してしまう危険を秘めているんです!

では口のネバネバはどうやって解消すれば良いの?

口内のネバネバは、口臭の原因となったり様々なトラブルの原因となる事はわかりましたが、それではこの口内のネバネバはどうやって解消すれば良いのでしょうか?
まず口の中がネバネバするのは、口の中の水分が不足することが原因となっているので、唾液の分泌量が減らないようにするためにも、特に夏の暑いときなどはこまめな水分補給を心がけましょう。
唾液の分泌を促進する方法としては、耳の手前やあごの下にある唾液腺をマッサージする理が効果的なので、意識的にマッサージをしてみるのもとても有効です。
また特に年齢が高齢になると代謝や免疫力の低下の影響によって、唾液腺の能力が衰えることで口内のネバネバは年々高まっていくことになります。
それを防ぐ為に、普段からマメな歯磨きや、食事を取るときには良く噛んで食べるように心がけていくことが、口のネバネバの予防や解消につながります。

口の中のネバネバ対策ならコレ!原因は何?病気?解消法とは?

多くの口臭の原因には歯周病が影響!?

口臭の原因や口内のネバネバについて解説してきましたが、実際の口臭の多くの原因には歯周病が影響しているケースが非常に多くあります。
口臭を考えていく上でも、歯周病についてしっかりと正しい知識を身に付けておく必要があるので、こちらではその歯周病について解説していきましょう。

歯周病になる原因は何にあるの?

歯周病のそもそもの原因となっていることは、口内で繁殖している歯周病菌という細菌が繁殖していることによって発生しています。
この歯周病菌はどんな方でも口の中で繁殖してしまう細菌なのですが、健康な方の場合は唾液による殺菌作用などで繁殖を防いでくれます。
しかし高齢になるにつれて、この殺菌作用も衰えてくるためにどうしてもそう言った細菌に対する抵抗力が衰えてきてしまいます。
そのように口の中の細菌に対する抵抗力が低下してくると、口内にはどうしても歯周病菌がたまりやすくなり、歯周ポケットと呼ばれる隙間から歯茎に侵入して歯周病を発症してしまいます。
しかし高齢になったからと諦める必要は無く、普段からの口腔ケアをしっかりと行っていれば、十分に予防することも可能だと言う事をよく覚えておきましょう。

歯周病の兆候を示すポイントは?

口臭の原因が歯周病の場合が多いことはわかりましたが、でも自分が歯周病になっているのかどうかは、自覚症状が無いとわからないですよね。
そんな時のために歯周病の兆候を示すポイントをいくつかご紹介してみますので、是非参考にしてみて下さい。
まず40代や50代以降で予備軍も含めて歯周病が疑われる人の特徴には、歯茎が赤くブヨブヨしている状態の時には、やはり歯周病の可能性が高くなります。
また歯を磨くとすぐに血が出てくることが頻繁に起きるようになってきたときにも、歯周病が疑われるので早めに歯医者に行って適切な処置を行ってもらいましょう。
また歯がグラグラしたりしている状態の時も、歯を支えるべき歯茎が弱ってきている症状なので、そんな時にも早めの対策を取ることが大事になります。

歯周病が原因となる口臭とは?

歯周病は以前は、歯槽膿漏と呼ばれていてご年配の方ならどちらかというと、この呼び方の方がなじみがあるのでは無いでしょうか。
歯周病は、進行していくと昔の名前の通りに歯槽膿漏と呼ばれる膿がたまってきて、これが原因となって口臭を発生させてしまいます。
たまった膿には、悪臭を放つメチルメルカプタンと呼ばれている揮発性硫化物が多く含まれているために、かなり酷い臭気を出すことになってします。
それだけに口臭を防ぐためには、歯周病への対策をしっかりと行っていく必要があります。

口臭予防や歯周予防には正しい歯磨きが最適です!

口臭を防ぐためには、日頃からの口腔内のケアが大事なのはわかりましたが、それでは具体的にはどんなケアをしていけば良いのでしょうか?
口腔内のケアにはなんと言っても歯磨きが有効な方法で、より正しい歯磨きをすることで口臭の原因となる歯周病も防ぐことが出来ます。
そんな口臭の予防にもなる正しい歯磨きについてご紹介していきましょう。

正しい歯磨きの基本は?

歯ブラシを使うときには、歯ブラシの毛先の部分を歯と歯茎にしっかりと当たるようにして、歯の1本1本を丁寧に磨いていくことが大事です。
歯と歯の隙間や奥歯などしっかりと歯垢が残らないように磨いて、きれいに歯垢が取れたか舌で舐めてみて、ヌルヌルした触感が残らないようにしっかりと磨きましょう。
歯に付着してしまった歯垢はうがいだけでは取り除くことが出来ないので、正しい歯磨きの仕方で目安を3~5分程度に定めて、しっかりとブラッシングすることを心がけていきましょう。

高齢になったときの正しい磨き方は?

年齢が高くなるにつれて歯茎が下がってくる為に、歯の根っこや奥歯に食べ物が残りやすくなって虫歯が出来やすくなります。
歯の表面のエナメル質も無くなってきて歯と歯の隙間も少しずつ広がってくるために、研磨剤が少ないタイプの歯磨き粉を使用して、歯と歯の間を意識しながらブラッシングする必要があります。
また丁寧な歯磨きと合わせて歯茎をケアすることも大事で、歯茎を傷つけないような柔らかめの毛を使っている歯ブラシを使用して、時間をかけて丁寧に磨くようにしましょう。
また高齢になるのに伴い舌に舌ゴケがつきやすくなることもあり、舌ゴケ専用のブラシがドラッグストアなどで販売しているので、それを使用してケアしていきましょう。

歯磨きにおすすめのアイテムとは?

まず歯磨きの大事なアイテムとしては当然歯ブラシが挙げられますが、歯ブラシを選ぶときにはより自分に合ったタイプの歯ブラシを選ぶことが大事になります。
年齢によって歯や歯茎の状態は変わってくるので、その状態に最適な歯ブラシを選んで使用するように心がけましょう。
また歯ブラシは同じ物を長く使っていると、毛先が開いてしまってきれいにブラッシングしたつもりでも歯垢が残りやすくなってしまうために、早めに交換することをおすすめします。
また歯磨き粉については、いろんな歯磨き粉が発売されていますが、当サイトとして口臭歯周病対策には特におすすめの「なた豆歯磨き粉」をおすすめします。
なた豆歯磨き粉は、口臭や口のネバネバで悩んでいる人には、大変効果的な歯磨き粉なので、効果のほどをご紹介しますので参考にしてみて下さい。

なた豆歯磨き粉がおすすめな理由とは?

口臭や口のネバネバで悩んでいる人に当サイトで一押しなのが「なた豆歯磨き粉」です。
なた豆歯磨き粉の効果がすごい理由についてご紹介しましょう。

なた豆歯磨き粉はどうして口臭に有効なの?

なた豆歯磨き粉に入ってるなた豆は、古くから膿を取ってくれる膿取り豆としても知られていて、細菌の健康ブームの影響もあって、各方面の健康食品として利用されています。
なた豆に含まれているカナバニンやコンカナバリンAといった成分が、口内の環境を正常化してくれることで、口臭の原因となる細菌の繁殖を抑えてくれます。
このなた豆が使われているなた豆は磨き粉を使用して歯磨きを行えば、口臭や口の中のネバネバする症状が改善してくれ、今までの悩みも解決してくれます。

なた豆特有の成分が腔内環境を整える

なま豆特有の成分「カナバ二ン」と「コンカナバリンA」が腔内環境を整えるのに効果がとても高いことで知られています。

カナバニンの効果について

なた豆に含まれるカナバニンはアミノ酸の一種になります。
炎症を抑える働きや膿を出す排膿効果が高いことが知られています。
歯茎が腫れる歯肉炎や膿がたまる歯槽膿漏に効果が期待されます。
他にも血行を良くする働きや血液や体液を浄化する作用があります。
蓄膿症や冷え性にも効果が期待できます。
このカナバニンの成分はなた豆にしか含まれておらず、今後の歯周病予防に注目されていく成分でしょう。

コンカナバリンAの効果について

コンカナバリンAもカナバニン同様になた豆にしか含まれない成分になります。
コンカナバリンAもアミノ酸の一種になります。
効果としては、免疫力の向上が挙げられます。
私たちの口には常在菌という多くの細菌がいます。
主に虫歯菌(ミュータンス菌)と歯周病菌(ジンジバリス菌)が挙げられます。
虫歯菌は歯磨きなどで適切な口腔ケアをしていると悪さはしません。
歯周病菌は普段はおとなしいのですが、免疫力が下がった時に悪さをする菌になります。
特に老化などで免疫機能が下がると歯周病になりやすいのはこのためです。
そのためコンカナバリンAにより免疫力を向上するのは常在菌に対する抵抗力を上げる効果が期待されます。
その効果はマウスの実験で抗腫瘍作用があると言われています。
それだけの効果が期待できる成分です。

歯槽膿漏の膿が放つメチルメルカプタンが悪臭の原因

前述で膿が放つメチルメルカプタンが病的な悪臭の原因とされています。
なた豆にはこの悪臭のメチルメルカプタンを下げる効果が期待されています。
なた豆歯磨き粉の中でもこちらの「なた豆はみがき」が効果が高いです。
実験によるとメチルメルカプタンの数値を80%も下げたという結果もあります。
歯槽膿漏による口臭で悩んでいる方はこちらの「なた豆はみがき」が効果が期待できそうです。

なた豆歯磨き粉は天然成分で安心です!

口臭や歯周病対策の歯磨き粉は数多く発売されていますが、薬用とされる歯磨き粉の場合は、どうしても何らかの副作用の心配をしなければなりません。
その点においてなた豆歯磨き粉の場合は、天然成分あるために身体にも優しく副作用の心配も無く使用する事が出来ます。
最近ではなた豆を使用したお茶が「花粉症の症状緩和」「アトピー性皮膚炎などの体質改善」「むくみや関節痛の症状改善」「副鼻腔炎や歯周病などの排膿抗炎効果」などさまざまな効果があることで注目されています。
それだけになた豆歯磨き粉も、特に口臭や歯周病対策にはとてもおすすめしたい歯磨き粉なんです。

なた豆歯磨きの正しい使い方は?

なた豆歯磨き粉を使う最大のメリットは口臭対策となるので、歯だけで無く歯の歯の間や歯周ポケットまでしっかりと歯ブラシの毛先を届かせながらブラッシングすることが大事になります。
歯の裏側も歯と歯茎の間までしっかりと磨くことを心がけて、食事が終わった後30分くらいたってから朝・昼・晚と1日に3回歯磨きを行うのがベストです。

歯磨きだけじゃ不安という方にはなた豆茶がおすすめ

なた豆歯磨き粉で歯を磨くだけでは不安という方には、なた豆茶がおすすめです。
ペットボトルになた豆茶を入れておけばいつでも飲んだりうがいをしたりすることができます。
なた豆茶を飲むことも口臭に効果があるので歯磨き粉と併用することをおすすめします。
なた豆茶の効能効果については口臭予防だけではなく様々なものがあります。
詳しくはこちらで解説していますのでどうぞ。

なた豆茶の効能効果がやばい!口コミランキングも大公開

まとめ

「なた豆歯磨き粉の効果がすごい!」といった、なた豆歯磨き粉の効果についての徹底検証した内容をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
冒頭では口臭の原因や口の中のネバネバの原因について解説してみましたが、いずれの場合においても歯周病が原因のケースが非常に多くある様ですね。
そうなときに有効なのが、当サイトでご紹介している「なた豆歯磨き粉」です。
ご紹介しているように、口臭の原因や口の中のネバネバの原因でお悩みの方には是非ともおすすめしたいのが、この「なた豆歯磨き粉」です。
是非皆さんもこの「なた豆歯磨き粉」を使用して、今までの不快な生活から解放され、快適な生活を送ってみませんか。

なた豆歯磨き粉口コミ比較ランキング。効果や使用感から選ぶならコレ

-なた豆茶
-, , , , ,

Copyright© お坊さんサラリーマンのリアルな日々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.