20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

お坊さんサラリーマンのリアルな日々

お盆

お盆休みの期間に国内旅行をする上での注意点。

更新日:

間もなくでお盆休みが来ます。お盆期間中に旅行に行かれる方もいいのではないでしょうか。そこでお盆期間中に国内旅行に行く際の注意点として体験談をご紹介したいと思います。

 

◆お盆期間中の国内旅行で失敗したことはありますか?

・ある 47名
・なし 3名

 

◆どの様なことがありましたか?

・山口県方面に行きました。当時、5ヶ月と1歳半の子供を連れ親子4人で新幹線で片道5時間かかる場所に旅行へ行きました。
ベビーカーを持っていたので席の一番前の少し広い座指定席を予約しました。
お盆の時期なので普段よりホームにいる多くの人をみて、指定席なので座っていけて、ベビーカーも置ける広いスペースも取れて良かったとホッとしていたのですが、
乗車後、たくさんの人が座席と座席の間の通路に立ってぎゅうぎゅうに。
指定席なのにおかしいな…と思ったら自由席の隣の指定席の車両だったことを知り、入りきれなかった人が流れてきたことをしりました。
おむつ替えを頻繁にするのにトイレにも全く行けそうもなく、授乳ケープを使って授乳をしているのですが、なんとなくあげにくいしでそれ以来お盆の子連れ旅行は
懲りてしまいました。
子連れの場合、トイレの場所や指定席の場所もしっかり把握して席を確保することをおすすめします。

 

・長野県上高地に行きました。小梨平にテントを張って宿泊しました。夏の上高地には多くの観光客、登山者が訪れます。皆さん、自然環境を守るためマナーを守り自然に触れ合う事を楽しんでらっしゃいます。
小梨平のテント場も例外ではなく、ほぼ1m間隔でテントがあります。問題は虫です。見たこともないような虫がとにかく多い。テントの中まで入ってくることも当然で悩まされます。
対策として、虫よけリング、スプレー、などありますが山の強い虫には全く効果がありません。ただ、蚊などには効くので刺されることは少なくなります。
持っていくべきものですが、折角自然に触れ合う為に訪れているのですから、山でもともと生息している虫ともその間は共存する覚悟でいて下さい。
それから、皆さん自然を楽しみにきていますから、強い匂い(特に香水など)は意外と迷惑になっています。

 

・静岡県の浜松へ。一番旅行する人の多い時期なので、何をするにも混雑していて通常よりも時間がかかる事を念頭に置いた方が良いと思います。
ある程度予想していましたが、実際には予想以上でした。時間に限りがあるので、残念な思いもありますし、
イライラして一緒に行った人と嫌な空気になるのが気まずいです。
あとは、そういうイライラやストレスのある時に、子供の甲高い声を聞くと余計イライラします。
目的地に行く道中に赤ちゃんや小さな子連れの家族がいると、気になります。
以上の理由から、やはり自分には旅行業界での繁忙期と言われる、ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始は
旅行するものではないな、と痛感しています。
子連れの家族を批判しているのではない事をご了承下さい。

 

・ユニバーサルスタジオジャパンに行きました。お盆休みは開園時間が30分早いと知らなかったので着いた頃には駐車場がほぼ満車状態でした。ハリー・ポッターだけは絶対に乗りたいと思い一番最初にむかいましたが、その時すでに4時間以上待ちの列ができていましたが、仕方なく並びました。お盆の混雑は予想していましたが、予想以上でした。ハリー・ポッターのあとスパイダーマンにいきたかったのですが、3時間以上待ちの列に並ぶ元気はありませんでした。少しでもすいているアトラクションと思いジョーズとバッグドラフトを体験し、楽しみました。正直お盆休みに有名所にいくのは気合いが必要です。

 

・高山方面に行きました。費用を安くあげようと、かなり前から高速バスを予約していました。公共交通機関のイメージだったのですが、当日は渋滞がひどく、予定していた時間の3倍以上かかりました。本来予定していた休憩のサービスエリアも、混雑しているからという理由で飛ばされ、空腹なのに食事も飲み物も買えず地獄でした。最初から電車にしていればここまで遅れることもなかったので、混雑するお盆は、高速バスはオススメしません…。時間よりお金をとって乗るにしても食べ物飲み物の準備は万全に!

 

・京都の二条城に行きました。四季を問わず大人気の京都ですが、お盆は比較的に空いていると言う事で行きました。その通りかなり人も少なく観光もスムーズに行きましたが、京都はご存じの通りかなり蒸し暑いところです。私は二条城へ観光に行ったのですが、帽子や日傘を持って言ってなく二条城は広い敷地の中影が無く一旦入ると道なりに歩いていかなくてはならず出口付近の休憩所に着いたころにはほぼ日射病状態吐き気が始まりダウンしてしまったのです。ひどくはなかったので、しばらく休憩所でクーラーにあたりながら横になり休みましたが、京都へ夏観光へ行かれる時には日差しよけを忘れず持って行きましょう。

 

・伊勢神宮及び賢島に行きました。お盆期間中に旅行する際、特に車で移動する場合は時間をかなり余分に見ていないと行きたいところにも行けなくなります。通常2時間程度で高速移動できる名古屋と伊勢の間ですが、渋滞予測を見込んで3時間半を見込んでいました。これは渋滞予測が予め出ているために可能な事ですが、イレギュラーで起きる事故には対応ができません。その時は道中3か所で事故があり、朝自宅を出たのに現地についたのが午後3時過ぎという移動だけで終わってしまいました。途中のトイレも考える必要ありますので、渋滞予測だけでなく事故の情報も重要です。

 

・淡路島方面に行きました。せっかくガイドで調べて行った飲食店がお盆休みでしまっていました。ガイドには定休日は載っていましたが、お盆休みは盲点でした。私のような失敗をしないためにも、目的のお店などがあればその店に直接連絡を取りお休みの確認をされた方がよいです。

 

・青森県に行きました。高速を使いお盆に帰省をしました。仙台からだったのですが、高速に乗った途端車が多く、速度も80キロ規制でした。
途中、事故があったようで酷い渋滞に巻き込まれたのですが、トイレに行きたくて仕方がなくなってしまい困りました。渋滞に加え、次のパーキングまでは大分距離がある所にいました。なんとか我慢をして間に合ったのですが、トイレは早めに済ませるように気を付けた方が良いです。混んでいるので事故も多いのかもしれません。巻き後れると本当に大変です。

 

・沖縄に行きました。とにかくどこに行っても混みますので、早め早めに行動することが重要です。飛行機の搭乗時間の予定1時間以上前に空港に着くようにするなど。
また、暑さ対策・日焼け対策も重要です。特に沖縄の日差しは本島のものとは比べ物にならないほど強いです。うっかり日焼けをしてしまったらやけどのような状態になってしまいます。

 

・東京、首都圏各地方面に行きました。何処に行っても言えることですが、水に関わる事前の対策が必要です。
まずは水分補給です。厳しい暑さで脱水症状にならないためにも、喉が乾く前に定期的な水分補給が必要不可欠です。
また、水分を補給した後はトイレに行きたくなるものですが、トイレも混雑している観光スポットや高速道路を走る前などは、出そうでなくとも予め済ませておくことが大切です。
また、高速道路を運転する際には車内に十分な飲料があることも大切です。渋滞時に水分補給が出来ず、運転中に脱水症状になる場合もあります。

 

・有馬温泉に行きました。お盆の温泉街は想像以上に人混みです。
有馬温泉は有名な観光地ですが、電車などの公共交通機関と近隣の観光場所が少ないためか、純粋に温泉目的に来る人が多いと聞いたことあります。
しかしお盆になると2、3世代の家族連れが増えます。しかも大勢の家族が多いために基本的に自動車で来るので渋滞が懸念されます。特に有馬温泉は他の温泉地と違って温泉街を普通に自動車が通行したり、道が狭かったり、坂道が多かったりするので運転しにくいのできちんと道などを下調べして行くことをオススメします。

 

・四万温泉に行きました。主人の事ですが、ここ何年も喘息の発作が出ていなかったので、油断していました。
薬や健康保険証を持たずに出発し、道中で具合が悪くなりました。
発作が軽かったのと、病院の場所がわからなかったことで様子見だったのですが、酷くなったので宿泊先のホテルのフロントで調べてもらい、夜間診療に行きました。
自宅にある薬を持って来てれば…日中どこかの病院に行ってれば…と思いました。
お盆だと休みの病院もあるので、下調べは大事です!

 

・沖縄に行きました。一番は混雑です。予約も早めにしておかなければ人気のあるホテルはいっぱいになってしまっています。そして空港の混雑は行きも帰りも疲れてしまいます。子供を連れているとさらにたいへんです。飛行機にのるため空港に行く際はぎりぎりの時間ではなくかなり余裕を持っているほうがいいと感じました。

 

・箱根方面に行きました。お盆ですが、箱根は意外と涼しく密かな癒しスポットとしても人気の高い場所です。
大型温泉施設の箱根小湧園ユネッサンは、本当に人!人!人!で溢れかえっていました・・・。
プールや温泉は、常に芋洗い状態で、ゆっくりとできませんでしたね。
本音は、もう絶対に行きたくないと思いました。
ですが、水族館や芦ノ湖の海賊船はそこまで込んではいなかったので良かったです。
子供たちが楽しそうに見たり触れたりしていて、親の私としてはとても感激しましたし、いい体験ができました。

 

・神戸に行きました。神戸に行くことが決まりシティーループバスの1日乗車券がお得だなぁとネットを見て思ったので、シティー異人館に行って,中華街に行って,モザイク・メリケンパークに行ってとあれこれ計画を練っていました。
三ノ宮からはじめ乗った時は感じなかったのですが、一度降りて観光地から再度乗ろうとしたら・・・バスがぎゅうぎゅうでスゴイことになっていて乗れないし,次のバスが来るまでとても時間がかかってゆっくり観光できませんでした。まるで朝の通勤ラッシュ時の電車のような状態がずっと続きグッタリでした。
お盆などの連休に神戸に行くのでシティーループバスを利用しようと思っている方はご注意ください!

 

・京都方面に行きました。お子様連れで旅行される場合の移動手段についてです。
私は岡山から京都へ向かったのですが、新幹線移動で1時間少しかかりました。
事前にチケット予約していなかった私が悪いのですが、指定席はいっぱいで自由席をとることになりました。
もちろん、たくさんの方が乗車していますので、席はいっぱいですし、空いている場所は車両の中のほうにぽつぽつとしかありませんでした。
子連れだとベビーカーが旅行には欠かせませんので、席が空いたからと言ってまずベビーカーをたたんでも車両中ほどには入るのに抵抗、周囲の目が厳しいですし、
結局デッキで到着するまで過ごすことになりますが、同じく子連れ家族や席に座れない家族でデッキはギューギューです。
駅について扉が開閉するたびに恐縮しっぱなしになりますし、何より車両部分より混雑していて子どもはかなりぐずります。
当然、ベビーカーをたたんで子どもは抱っこなので親もくたくたです。
早めに指定席を予約。それも他の迷惑にならないよう、こちらも気疲れしなくて済むように、一番デッキに近い車両の一番前か後ろの席を予約しておくことをお勧めします。
さらにできることなら、新幹線のトイレのある車両をチェックしておいて、トイレ近くの車両にしておくことがベストですよ。

 

◆まとめに

お盆期間中ということもあってどこも大混雑ですね。その中でのトラブルは、やはり観光地までの移動が問題になるようです。予定より早めの行動を心掛けましょう。それとトイレのトラブルも多いそうです。混雑しているということはトイレも混雑していることが予想されそうです。こちらも早め早めの行動を心掛けましょう。そして、何よりなのは下調べが大事です。ネットで調べたり、本で調べたり入念にチェックすることをオススメします。
まもなくお盆。あなたは今年のお盆はどの様に過ごされますか?

-お盆
-, , ,

Copyright© お坊さんサラリーマンのリアルな日々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.