20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

お坊さんサラリーマンのリアルな日々

モンスト

【モンスト】最強ルシファーの神化と進化を比較し評価してみる【モンスターストライク】

更新日:

 

ルシ1

 

◆ルシファーの進化、神化を比較

モンストの最強キャラの一つの反逆の堕天使ルシファー。

今回は、進化ルシファーと神化ルシファーの能力を比較してどこら辺が秀でているかということを検証したいと思います。

 

●進化ルシファーのステータス

ルシ2

まずは、背徳の堕天使ルシファーのステータスです。

属性・・・闇属性
種族・・・妖精族
ボール・・・反射
タイプ・・・バランス
アビリティ・・・アンチ重力バリア

HP最大値・・・23489
攻撃力最大値・・・31593
スピード・・・298.00

ストライクショット・・・自身のスピードとパワーが大アップ&ビットンに大ダメージ ターン数(18)
友情コンボ・・・プラズマ 威力7090

 

●神化ルシファーのステータス

ルシ1

続いて反逆の堕天使ルシファーのステータスになります。

属性・・・闇属性
種族・・・妖精族
ボール・・・反射ゲージ
タイプ・・・砲撃型
アビリティ・・・バリア
ゲージ・・・アンチダメージウォール

HP最大値・・・21698
攻撃力最大値(ゲージ込)・・・29379
スピード最大値・・・312.73

ストライクショット・・・悪魔の歌で味方を動かし敵へ撃ち込む ターン数(24)
友情コンボ・・・エナジーサークルL 威力(18562)
友情コンボ・・・十字レーザーS(水属性) 威力(3788)

 

・ステータスの比較

HPと攻撃力は進化ルシファーが高くて、スピードは神化ルシファーが高くなります。
特にHPは1800くらい高くて進化ルシファーの方がHPの安定感があります。
進化ルシファーは攻撃力、神化ルシファーはスピードが高いということでヒット回数を加味するとその値は相殺されるくらいの差と思っています。
ステータスを見るとHPの高さ分進化ルシファーが上でしょうね。
後述しますが、神化ルシファーのスピードが高いですが、アンチ重力バリアが無いのが痛いところです。

 

・アビリティの比較

アビリティになりますが、進化ルシファーはアンチ重力バリア、神化ルシファーはアンチダメージウォールとバリアになります。
主流のギミックとして重力バリア、ダメージウォール、地雷が三大ギミックになります。
これらに一つ以上対応しているのが最低条件で二つ以上対応だと汎用性が格段に上がります。
一つだけでも十分に活躍の場があります。
主流の次点としては、ワープになります。最近、ワープが張られるステージが増えてきました。しかし、上記に比べるとギミック対応が弱くアンチワープだけでは汎用性に差が出ていると思います。
ということでルシファーはどちらも主流ギミックに一つ対応していることが大きいです。

 

・アンチ重力バリア

主流ギミックの中でも一番厄介なのが重力バリアだと思っています。
重力バリアを張られているとスピードが落ちるというのは、イメージ以上に大きいです。
スピードが落ちることにより多段ヒットの回数が減ることや友情コンボの発動機会が減ること、ストライクショットの弾くタイプのSSだと重力バリアで軒並み足を止められてしまいます。
ちなみにダメージウォールは発動者だけアンチダメージウォールがあれば大丈夫です。
多段ヒット回数や友情コンボの発動回数が減るということにより雑魚を倒す機会を逃すことによって被ダメが増えるということが増えます。
昨今は、如何に早く雑魚を少しでも倒すかというのが優先事項になるので重力バリアはかなり厄介になるのです。
そういう意味でアンチ重力バリアはかなり優先順位が高いアビリティになります。

 

・アンチダメージウォール

ダメージウォールは、L字に張られたり、四面に張られたりすることもしばしばあります。
場面によってはそれだけで積んでしまう場合もある厄介なギミックになります。
これは古くからあるギミックでこのギミックがあるからこそ、赤ずきんノンノやアーサーがとても流行った時期があります。
この時期のステージはダメージウォールが張られるステージが多くそれらが重宝されていましたが、その後他のギミックが出てきて当時の様な「必ずなければいけない」というアビリティではなくなったと思います。
理由としては、ダメージウォールを発生させる雑魚を優先して倒すことによりダメージウォールを無意味化することができるということ。
弾き方によって回避できる場合があるということ。
マルチでプレイしている場合はタイムアウトでダメージウォールに突っ込むことを回避できるということなどが挙げられます。
貫通タイプだと突っ込みやすいですが反射だと何とかなったりする機会が多かったりします。
そういうこともありアンチダメージウォールよりアンチ重力バリアの方が優先度は高いように思います。

 

・強力なバリア

進化ルシファーはアンチ重力バリアがあることが魅力ですが、神化ルシファーにはバリアというとてつもないアビリティがあるのが強さの秘訣です。
後述しますが、バリア、友情コンボ、ストライクショット、この3つが神化ルシファーの強さを支えているのです。
バリアはどの様な特性があるかというと、

 

・7000ダメージまでは無効化できる
・状態異常を回避することができる
・7000以上のダメージでも一回だけなら無効化することができる
・破壊されてもステージ毎にバリアが張られる

 

ということがあります。
被ダメは次のステージに持ち越すので毎回7000ダメージ回避というわけにはいきませんが、毎回バリアが破壊されると仮定すると神化ルシファーはHP+7000のステータスになるということになります。
そして、一回だけならどのくらいのダメージでも防ぐことができます。
例え5万のダメージを受けたとしても一回なら無効化できるのです。
そして、状態異常として毒などもバリアを張っていれば無効化ができるのがとても大きいです。
これらが神化ルシファーの防御面を支えています。
HPの低さをここで下支えしているのですね。
ということでアビリティ面では神化ルシファーに軍配が上がってしまいます。

 

・友情コンボの比較

友情コンボの比較をしてみました。

 

・プラズマ

進化ルシファーの友情コンボはプラズマになります。
友情コンボの中でも屈指の強さを誇るプラズマはクシナダでも有名ですね。
威力は7090ですが、多段ヒットすることにより60万ダメージ以上をたたき出すこともしばしばです。
なので、わくわくの実では友情コンボの威力アップの実がとても相性がいいです。
プラズマは雑魚にもボスにも効果が高くてとても役に立ちます。
プラズマを持っている進化ルシファーのパーティは、スピードの高いプラズマを引っ張れるキャラを連れていくといいでしょう。
進化ルシファー自体はそこまでスピードは高くありませんが、爆発系を連れて行かない限り自分から能動的に自分のプラズマを発動させることはないと思うので自身のスピードは関係ないと思います。
ただクシナダと併用する場合にはクシナダに比べてのスピードの遅さが気になります。
しかし、クシナダはアンチダメージウォール、進化ルシファーはアンチ重力バリアなので重力バリアが張られている時にはルシファーの方が上になるので相互互換といったところです。
自信のスピードが上がるストライクショットとアンチ重力バリアは相性がいいのでクシナダのプラズマを遺憾なく引っ張ってくれると思います。
またクシナダに比べて進化ルシファーは闇属性というのも魅力でどの属性にも威力を発揮するというのが魅力ですね。

 

・エナジーサークルL

メインの友情コンボのエナジーサークルLですが、砲台型と相まって威力18562ととても強力です。
画面全体に広がるサークルは圧巻で雑魚もボスも巻き込んでダメージを与えられるのがメリットです。
昨今、雑魚を如何に早く倒すかということが大切な要素でもあるのでこの友情コンボは対雑魚様に効果を発揮します。
こちらも友情コンボの威力をアップするわくわくの実と相性が良くオススメです。
プラズマと比較した場合は、プラズマが瞬間火力、エナジーサークルは雑魚殲滅力が高いという特徴があると思います。
他のパーティ次第ではありますが、初心者に使いやすいのはエナジーサークルだと思います。
ここら辺は好みも大きいでしょう。

 

・ストライクショットの比較

続いてはストライクショットの比較になります。

 

・進化のストライクショット

進化のストライクショットは「自身のスピードとパワーが大アップ&ビットンに大ダメージ」になります。
自信のスピードをアップさせることとアンチ重力バリアは相性が良く、無尽に駆け回ります。
クシナダと組んだ時にはプラズマを遺憾なく引っ張ってくれると思います。
ただ、そのステージの一番初めに使った場合は雑魚に引っかかってスピードを生かす前に減速することも多々あるので使いどころが難しいです。
なので無尽に走り回るというよりは、ボスとの間に挟まった時のカンカン用に使用することをオススメします。
使いどころが難しいストライクショットになります。

 

・神化のストライクショット

神化のストライクショットは「悪魔の歌で味方を動かし敵へ撃ち込む」になります。他のキャラにぶつからなくても、他のキャラを誘発し全てのボールが無尽に画面を走りまわります。
クシナダでも御馴染でストライクショットでも一番使い勝手の良いものになります。
またアンチダメージウォールを持っているのでダメージウォールを張られていても支障はありませんし、重力バリアも他のパーティがアンチ重力バリアを持っていればそちらがダメージ源になってくれます。
このストライクショットはアンチ重力バリア持ちのキャラと相性がいいと思います。
ちなみにワープも発動者しかワープに引っかからない仕様になっているので気にせずに発動できるのが嬉しいところです。
怖いところは地雷ですね。地雷をばら撒かれている時にストライクショットを発動すると全て回収することになり兼ねませんので注意が必要です。
ルシファーが登場して以降は、ルシファー対策として地雷がばら撒かれることが多いので注意が必要ですね。
ストライクショットは神化が圧倒的に便利で使い勝手が良いです。

 

◆まとめ

進化ルシファーと神化ルシファーを比較しながら能力を確認してきました。
神化ルシファーの強さは、友情コンボ、アビリティのバリア、ストライクショット、この三本柱が汎用性を押し上げています。
この3つがあるから超絶を含めどのステージでも一定の活躍をみせることができるのだと思います。
「超絶の攻略に汎用性などいらんよ」などとうそぶいてみたりしても、その3つの能力がずば抜けているんですよね。
ただ気になるのは、神化ルシファー対策としてこれから運営側もルシファーの苦手なステージを作ってくることが予想されます。
それの筆頭が重力バリアと地雷になります。
そこでアンチ重力バリア持ちの進化ルシファーが台頭できるステージもあるのではないでしょうか。
進化ルシファーの魅力は、アンチ重力バリアとプラズマになります。
この二つを生かせるステージとパーティになれば活躍も見込めるでしょう。
現状を見ると神化ルシファーがあまりにも強すぎる様な気がします。どこもかしこもルシファーですからね。
ゲーム上、こういう状態は長く続けない方がいい(ガチャがルシファーが引ける時しか回らない)のでどこかで弱体化やバリアを無効化できるギミックなどが出てくるように思います。
いや、出てこないとおかしいでしょうね。
今後のルシファーにはとても注目しています。

-モンスト
-, , , , , , ,

Copyright© お坊さんサラリーマンのリアルな日々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.