20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

お坊さんサラリーマンのリアルな日々

習い事 50人の女性へのアンケート

失敗だった習い事ランキング!50人の大人の女性に調査しました

更新日:

PAK65_tenchijintonikuryourisu20130825500_TP_V

社会に出て少し余裕が出てくるとしてみたいのは習い事です。
しかし、習い事を始めたはいいものの理想と現実は違かったということはありませんか?
今回は大人の女性50人に失敗した習い事についてということで調査しました。

 

◆あなたがしている(していた)失敗した習い事は何ですか?(複数回答可能)

1位 料理教室、お菓子教室 9名
2位 スポーツジム、トレーニングジム 7名
3位 着物の着付け教室 5名
4位 ピアノ 4名
4位 英会話 4名
6位 ヨガ 3名
7位 習字、書道 2名
8位 その他
習い事でダイエットを考えてるならこの置き換えダイエットがおすすめです。
ミネラル酵素グリーンスムージー

◆どうして失敗だったと思ったのか

1位 料理教室、お菓子教室 9名

・私は長年実家住まいで手伝いもしなかったため、料理がとても苦手だったので、結婚を機にお料理教室に入会することにしました。
入会する際の目的は、料理の基礎を学ぶ・料理の基本的な知識を身につける、ということでした。
いつのまにか通わなくなってしまったかというと、やはり料理教室なので、計量や、手順などをすべてきっちり細かくこなさないといけないということが、自分の性格と合わなかったのではないか、と思います。
性格の根本が、料理教室に通うということに向いていなかったのだと思います。(料理教室)

 

・実家暮らしなので母から教わればよかったと後悔。
教えてもらう内容も後から母に聞いたら、そんなの教えてあげるよという位主婦ならだれでも知っているような内容でした。(料理教室)

 

・近所のクッキングレッスンに週1回で参加していました。
主婦の方が毎回様々なイタリアンの料理を教えてくれるところだったのですが、とにかく材料の割に月謝が高いなぁ~といつも思っていました。
さらに、料理をしているときは、主婦の方々はずっとしゃべりっぱなしで、何だかクッキング教室なのか、主婦の愚痴こぼしの場所なのか、まったく趣旨がわからなくなるような教室でした。
また、料理もそれほど複雑でもなく、これなら自分で十分作れるよなぁと思わされるレパートリーが多かったのも残念でした。結局3ヶ月もしないうちに辞めました。(料理教室)

 

・ちょっとした贈りものに手作りお菓子が良いのではないかと習い始めましたが、周りがあまり甘いものを食べない人達なので、結局作っても自分だけが食べるので太ってしまったこと。(お菓子教室)

 

2位 スポーツジム、トレーニングジム 7名

・運動不足とダイエットを兼ねて通うことにしましたが、面倒くさがりなので行くことが面倒くさくなりました。
そして、メイクをしていき、汗をかいてメイクがドロドロになってしまいました。
その頃はすっぴんで外を歩くことは考えられなかったので、ジムが終わってまたフルメイクをすることが面倒になり、2ヶ月で3回しか行かずにやめてしまいました。(トレーニングジム)

 

・普段からダンスをしていて、もっと体力を付けて基礎代謝も高めたいと入会しましたが、40代から60代向けになっていたのか、トレーニング内容があまりきつくなく、ダンスで体力が他の方よりはついていたためなのか、あまり汗をかくこともないくらいのトレーニングで、体力つけるには優しすぎたところでした。
次第に行かなくなり、半年でやめてしまいました。
自分にあったトレーニング内容なら続いたかもしれません。(トレーニングジム)

 

・最初はスポーツシューズやジャージを新調してやる気まんまんで通いました。
もともと痩せ型の私のジムに通う目的は「筋肉を増やしてひきしめること」と「素敵な男性との出会い」でした。
ダイエットであれば、変化が見えやすくモチベーションがまだあがったかもしれません。
しかし、筋肉がついたかついてないかなんて目で見てなかなか実感できないし、ましてや素敵な男性との出会いなんてそうそうありません。
目にみえた変化を感じられないまま、だんだん通うことが面倒になり、ついには一か月に一度しか行かないなんてことも出てきてしまいました。
お金が無駄なのでついに退会しました。
しっかりとした目標と変化が感じられなければ続かないなぁと実感しました。(トレーニングジム)

 

3位 着物の着付け教室 5名

・着物教室で着付けの教室に母と行きました。
半年間かけて行きましたが結局覚えられませんでした。
入会金が無料だったんですが、着付けの小物を買ったり修了証の時にも大きな金額を払いました。
安いのにごまかされてはいけません。

 

・半年で初等科を修了したのですが、受講料とは別に修了証を出してもらうには数万円を支払わないと貰えませんでした。
その次に専攻科を修了して、受講料とは別にまた数万円を支払い修了証を受け取りました。
師範科を修了すると、受講料とは別にまた師範科の免許料が数十万円必要と言われて悩みましたが、師範科へは進みませんでした。
それに毎回開かれる創作着物の発表会などで、モデル費用や着物などの費用が数十万円かかるとのことでした。
とうていそんな費用は払えません。
師範科は魅了くでしたが諦めました。
費用が掛かりすぎました。
ちょっと着付けを習う程度なら良かったのですが、上の科に進むように講師に薦められて、こんなに費用がかかるとは思いもよらず大失敗でした。

 

・原則として徒弟制度のため、先生の言うことには基本的に逆らえない。
後輩ができた場合、後輩の授業料などを一部負担する慣習があるので、余計な出費がかさむ。着物やそれにまつわる用具が高い。
閉鎖的な世界なので、自分の教室を持ちたくても持たせてもらえず、飼い殺しになるパターンが多い。

 

・着物を一人で着られるようになりたいと思って、某着付け教室の全8回の体験講座を受講しました。
体験講座の内容は文字通り「体験」で、浴衣、普段着、訪問着、留袖を試しに着てみた程度でした。
そこでもっときちんと習いたいと思い、週1回、1年間のコースを受講することに決めたのです。
ところがそのコースでは毎回新しいことを学習し、しかも応用的なことも取り上げるので、ついていくのが大変でした。
家に帰って復習しようとしても、教室で習ったことを忘れてしまってとてもできません。
それから、受講料以外に着物や小物にお金がかかってしまいました。
着物は季節やTPOに応じて細かな決まりごとがあるので、それをきちんと守ろうとすると、とんでもなくお金がかかってしまいます。
私は着物や長じゅばんは正絹ではなくポリエステルの安いもので間に合わせ、帯はリサイクルショップで安いものを購入しました。
でも肌襦袢、裾除けといった肌着や、帯揚げ、帯締め、帯枕、伊達締めなどの小物を加えると、結果的にかなりの金額になってしまったのです。着物と肌着、小物を合わせると、少なくとも15万円以上はかかったと思います。
コースを3分の2ほど終えたところで、私は体調を崩して教室を何回も続けて休んでしまい、全部終えることなく教室をやめてしまいました。
着付け教室が続かなかった理由は、内容が難しかったことと、予想以上に費用がかかったこと。
この2点に尽きます。
とはいえ、せっかく着物や小物を一通りそろえたからには、使わないともったいないです。
今度着付けを習うことがあったら、基本を繰り返し指導してくれる教室に行きたいと思っています。

 

4位 ピアノ 4名

・就職してから保育士になりたいと思い、ピアノ教室に通いました。(子供のころの経験は全くありません)
音楽の授業で習っていたため、楽譜は何となく読め、ドレミファソラシドの音階がわかる程度でした。
指が固くて頭ではわかっていても、思うように動きませんでした。
ピアノ教室を辞めて数年経ちますが、今では通う前と変わりません・・・。ピアノの教本だけがむなしく残っています。
やはり小さい時からやっておかないとダメなんだなあと思いました。

 

・ピアノを弾ける女性に憧れて習い始めました。
ですが、発表会に出ないといけなくなってしまって、小さい子供たちや学生の子達に混ざって発表会に出ることはとても恥ずかしくて習い始めたことを後悔しました。
結局は全力で拒否してそのままピアノ教室も辞めてしまいました。

 

4位 英会話 4名

・英会話は中々発音が覚えられませんでした。
実際に話すとなると上手く言葉が出てきませんでした。
日常的な部分が主だったのですが、家など使う部分がなく少し行かないと忘れてしまいました。
個別でやっていたのですが、毎回先生も変わり復習もなかったので毎回新鮮でペースにもついていけませんでした。
英会話はある程度時間に余裕のある人でないと難しいと思います。
中々復習する暇もないし、練習する機会もありません。
本当に必要がある時にやった方が良いと思います。
そして、大きな目標があり目標を定めないとただやって身につかないと思います。
また、話さないとどんどん忘れてしまいます。話す機会も考えて習った方がいいとおもいます。

 

・担当の先生が外国の方でした。
それはいいのですが、日本語があまり分からないみたいで質問をしても日本語が通じないことがしばしばでした。
また様々な外国の先生がいるんですが、先生によって微妙に教え方が違くて戸惑いました。
合わなかったのですぐに辞めました。

 

6位 ヨガ 3名

・スポーツジム内のヨガ教室だったため、スポーツジムに元から通っている人たちで既にグループができていました。
また、その中でも見るからに派閥がありそうで、1度行っただけで、入りにくそうで嫌な雰囲気でした。
ヨガ自体はリラックスできるものですが、毎回その人たちとの付き合いがあると思うと、憂鬱なので、一度体験して通うのを辞めました。

 

・「心も体もリラックスできる」と広告が入っていたヨガ教室に行きました。
ところがこの教室、ヨガも確かにするのですがそれよりも「あなたは自己啓発に興味はありませんか?」だの「あなたは今の自分に満足してますか?」「すごく良いお話が聞けるセミナーがあるんです」だのいろいろおかしな事を言ってくるんです。
後で知人に教えてもらったところ、どうやらこの教室は違う勧誘目的のあるちょっと怪しい経営主体のところだったみたいです。
すぐに変だと思ったので速攻で辞めたのですが、暫くはしつこく連絡が来ていました。
結局その教室は三か月程で無くなりそこから連絡は来なくなりましたが、すごく失敗したなと今でも思います。

 

・体がかたく、バランス感覚が鈍いのでいつも先生にサポートされて目立つのが恥ずかしくて嫌だった。
また、夜仕事帰りに行こうと思ったが、結局仕事で疲れて行く気になれなかった。

 

7位 習字、書道 2名

・字がきれいになりたいのと、昔習っていたから大体の流れがわかるので大丈夫だと思って始めました。
でも、教え方が協会によって違うので、今まで習ってきたことと違ったことを言われ混乱してしまいました。
例えば止め方について、一度戻ってから三角を書くように止めるようにと言われたのですが、二度書きをしているみたいで合わないなと思いました。
のしや香典のために小筆の使い方や名前など実用的なことを教えて欲しかったのですが、馴染みのない漢詩などであまり役には立ちませんでした。
普段毛筆を使う機会はないので、字をきれいになりたいのなら、ボールペン字をやった方が良かったのかなと思います。(書道)

 

8位 その他

・友人がフラダンスを習っていて、ダイエットにもなるし、良い気分転換にもなるから、とおすすめされたので、私も習ってみました。
ですが、フラダンスは絶えずひざを曲げていないといけなかったので、元からひざが弱い私には、痛くなって無理でした。
しばらく期間をあけて、またフラダンスの練習に行ってみても、やはりひざが痛くなってだめでした。
フラダンスがあんなにひざを使うとは知らなかったので、私には残念ながら失敗の習い事でした。(フラダンス)

 

・激しい運動をせずに健康になりたい、という理由で気功を習いました。
まわりはふたまわり以上年上のおば様方ばかりだったので、わずらわしいママ友のような関係もなく、楽しかったのですが、先生が少し宗教をかじっている感じで、「気功をしている人は宝くじに当選しやすい」とか、気功は万能、というエピソードをちょこちょこ入れてくる人だったので、それが面倒になってやめました。(気功教室)

 

・友人の紹介でブリザードフラワーの教室に通っていましたが、先生の趣味と自分の趣味が合わなかったです。
しかも友人の紹介のため、辞め辛かったです。
習い事は体験をしてから通うか決めるべきだと思いました。(ブリザードフラワー)

 

・雑誌の後ろの広告で見かけた挿絵ライター講座。
自宅で描いたものを提出して添削してもらう方式です。
触れ込みには在宅でイラストレーターに!とかいてありました。
夢を追いかけていた私はこれが修了すれば仕事ができるみたいなことを信じて申し込みました。
それから届いた教材はもの凄く簡単で安っぽい道具と塗り絵みたいなテキストでした。
学校で美術も専攻していたので、値段の割にと思いました。
それでも一応修了させたのですが、修了証だけきて仕事の話しは一切きませんでした。
だまされたと思います。(挿絵ライター講座)

 

・スキルアップをする為に、日商簿記の教室に通いました。
他の教室に比べて、自宅から近く、受講料が手頃ということもあり、その教室に決めました。
授業のスタイルは、オンデマンド学習で、自分の都合のよい時間に学習することができました。
しかし、学習においてわからない点や、聞きたい事があっても、その都度すぐに質問ができなかったり、担当の講師の先生が不在だったりして、自宅で独学で勉強しているのと殆ど変わらないと思いました。(日商簿記)

 

・私が通ったセラピーの教室の生徒さんが変わった方が多くて、例えば自分には霊感があると言う方や、ご自身がセラピーを必要とするぐらいに色々な事に悩む方や、先生に直ぐ意見するかたなど。
通っているうちに私が周りに疲れてしまってやめてしまいました。(セラピー)

 

・地元で地域の小劇団があったので、演劇にも興味があったので、そこが主催している演劇講座に出かけました。
講座の料金は3万円、楽しい経験になるのなら、いいかなと思いました。
参加してみたら、劇団員の体験談だけしか聞けずに、仲良く話しかけてくれた方から、新興宗教に誘われてしまったり、生命保険の営業をされたりなど、お断りするので、とても困りました。趣味を広げたいと思ったのですが、今は習い事に行くのが怖くなりました。(演劇講座)

 

・ダイエットのために習い始めました。
ダンス自体はとても楽しく半年ほど続けて6kgほどの減量に成功したのですが、生徒間の揉め事が多く人間関係に悩むようになりストレスからドカ食いをするようになってしまい、せっかく減った体重もあっという間に元に戻ってしまいました。(ラテンダンス)

 

・運動がしたいと思い立ったのですが、経験のない新しいことを始めるよりは以前に習ったことのある「ダンス」が手軽で良いと思い、近所のダンス教室の体験レッスンに参加することにしました。
久しぶりとはいえ、参加クラスは初心者クラスですし、ダンスは幼いころから10年近く続けていたので少しは自信もあり、レッスンについていけないかもという不安はありませんでした。
しかし当日、参加してみると生徒さんは中学生や高校生ばかり…先生もおそらく自分よりも年下のようで、完全に浮いてしまいました。
さらに、歳をとったせいか振付がなかなか覚えられず、私のペースに合わせてレッスンが進むという非常に申し訳ない状態になってしまいました。
せめて事前に見学して教室のレベル感や雰囲気を下調べしておくべきだったと後悔しています。
今は、主婦が多く通う別の教室を見つけたので、そちらにお世話になっています。(ヒップホップのダンス教室)

 

・人気のあるクラスはなかなか予約が取れなかったり、とても混んでいて人とぶつかったりしてうまく動けないような感じでとてもストレスでした。
チケット制だったのですが、行きたいクラスの予約が取れずチケットの期限が切れそうになり、いやいや違うクラスのレッスンを受けることになったりと思うようではありませんでした。
また常連の方々の派閥がありレッスンが終わってからのお茶会等も面倒でした。
ストレス解消のためにはじめたレッスンでしたが、逆にストレスだらけでした。(クラシックバレエ)

 

・転職をする上で必要かと思い入学金を20万円ほど納めて始めましたが、小さいスクールで予約がなかなか取れず、思うように進めることが出来ませんでした。
またテキストは分厚くしっかりしたものでしたが、内容的には自分で本をかって勉強すれば充分といった程度の内容でしたので、これなら独学で取得すれば良かったと後悔しました。事前にしっかりと調べておけば良かったです。
また、途中で教室が引っ越したのですがきちんとした案内が届かなかったりと、少し問題のある会社だったのかもしれません。(パソコン教室)

 

・通信講座で一通りはできるようにはなりましたが実際に現場でPOPデザインを取り入れることはかなり難しいです。
ひと昔前ならいざ知らず、今はPC作業で一瞬でできる上に字体や大きさも揃えられ綺麗です。
次にPOPデザインは全て手作業なため、味はありますが、どうしても量産ができず時間がかかります。
時間に追われるスーパーなんかでは通用せずなかなか技術は持っていても活かせることができず数年経ってしまった感じです。(POP教室)

◆まとめ

50人の大人の女性の習い事での失敗談をご紹介しました。

全体を通して言えるのは体験レッスンや体験講座に出て、その教室の雰囲気を知るということが大切だと思います。

それと、想像以上に宗教紛いの勧誘や胡散臭い物品などの販売が多いのも実体の様です。

少しでもその様な前兆を感じたら早めに退会することを強くお勧めします。

 

習い事でダイエットを考えてるならこの置き換えダイエットがおすすめです。
ミネラル酵素グリーンスムージー
 

関連記事

大人の女性が習い事を始める時に必ず気を付けなければいけないこと6選

50人の大人の女性に聞いた!大人の女性にオススメの習い事ランキング

-習い事, 50人の女性へのアンケート
-, , , ,

Copyright© お坊さんサラリーマンのリアルな日々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.