20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

お坊さんサラリーマンのリアルな日々

花粉症対策

花粉症対策におすすめのお茶10選。ハーブティーも紹介

更新日:

花粉症

「花粉症の症状がひどいので何か対策は無いかな?」

「花粉症にはお茶が効くって聞いたけど本当?」

「花粉症に効くお茶って何?」

なんてあなたは思っていませんか?

昨今、花粉症で苦しんでいる人が年々急増しています。
あなたもその一人でしょう。
その反面、中々有効な花粉症対策が無いのがですよね。
そこでおすすめなのが手軽に花粉症対策ができるお茶になります。
今回は、花粉症対策におすすめのお茶について解説したいと思います。

花粉症とは

スギやヒノキなどの花粉が原因となって、目、鼻、気管支にアレルギー症状がおこる病気です。
医学的にはアレルギー性鼻炎に分類されます。
特定の花粉にだけにアレルギー症状を起こすときには季節性アレルギー性鼻炎とよびます。多くの花粉症はこの分類に含まれます。

特定の花粉だけでなく複数の花粉によってアレルギー性鼻炎がおこると、花粉が飛ばないときがほとんどなくなりますので、通年性アレルギー性鼻炎に移行します。

花粉以外に動物の毛やダニの糞や死がいに反応してアレルギー鼻炎を起こす場合もあります。
この場合には動物を抱かない、部屋を掃除することによって症状がなくなる、弱くなるということから花粉症と区別することができます。

花粉症になる原因は?

人間の体は異物が入ってくるのを防ぐために鼻毛やまばたきによって花粉が体の粘膜に達しないような仕組みをもっています。

しかし、その防御壁を越えて花粉が鼻の粘膜や目の粘膜に到達すると、粘膜は花粉を体のなかに入れてしまします。

その花粉は排除すべきものかと判断した場合には、体はその花粉と結合する物質を作ることになります。これをIgE抗体とよびます。

抗体ができた後に再び花粉が鼻や目に入ると、IgE抗体が花粉をと結びついて、花粉をこれ以上は入らないように命令をだします。
この命令を受け取った細胞(肥満細胞)が化学物質(ヒスタミンやロイコトリエン)をだします。
鼻や目、気管支が花粉を排除するための行動を起こします。この行動とは花粉症の症状です。

花粉症を起こす植物

花粉症が最初に見つかったのは、牧草の枯れ草です。
日本では少ないですが、日本では牧草そのものが限られた土地にしかないので、あまり見かけません。
花粉症を引き起こす可能性があるのは、スギ、ヒノキ、ブタクサが最も多くなっています。
ブタクサは外来種(本来は日本にでは繁殖していなかったものが、何らかの理由で日本に入り、日本で繁殖するもの)です。
最初日本に入っていたときには、すごい勢いで日本中に広がりました。
しかし、日本のススキやアシが勢いを盛り返して、少なくなっています。

その他にカモガヤ、オオアワガエリ、シラカバなどが花粉症の原因になります。

花粉症にならない人は

上の説明では誰もが花粉症になるように見えます。
確かに花粉症は増えていますが、スギだけ、ヒノキだけと人によって原因が異なります。

これはなぜでしょうか。

仮説はいろいろあります。
ある一定の量が粘膜を透過しないとIgE抗体ができない。
そのため花粉が増えると最終的には花粉症になる。
花粉によってIgE抗体ができるのには、個人差がある。この個人差は遺伝や食生活が影響しているといわれています。
花粉を異物として判断した場合に特定のIgE抗体ができます。この判断に個人差がある。
などなどです。

アレルギーの治療には減感作療法というものがあります。
アレルギーの原因になるもの(抗原)を症状がでない程度に少しずつ注射するものです。
どういう作用機序かは不明なところがありますがかなり効果があります。
注射は不便ですが、最近舌下錠の減感作療法の薬が医療用医薬品(お医者さんの処方箋が必要な薬、これがないと薬局では買うことができません)として発売されました。

花粉症の症状とは?

鼻

花粉症の症状とは肥満細胞がだしたヒスタミンやロイコトリエンが花粉を目、鼻、口から進入しないようにすることです。

目では涙で洗い流すために涙がたくさんでます。
排除とは関係ありませんが、ヒスタミンやロイコとトリエンによってかゆみがおこることがあります。

鼻では鼻水で洗い流す、鼻をつまらせて中に入れないようにします。

口の場合にはあまり症状はありません。
しかし、鼻がヒスタミンやロイコトリエンの影響を受けてくしゃみがでる場合があります。

野菜アレルギー

IgEが、トマトをスギやヒノキの花粉と間違えて口のなかでアレルギー反応がおこることがあります。
特に乾燥トマトなどの場合にはアレルギー反応を起こす場合が多くなっています。
最近ではアボガドもIgE抗体がスギやヒノキの花粉と間違えることがあることが報告されています。

花粉症にお茶がいいといわれる理由は?

お茶

お茶の記載があるのは中国の最も古い「神農本草教(しんのうほんぞうきょう)」という薬草をまとめた本です。
お茶は昔、薬として使われていたのです。

日本には平安時代にお茶が伝わりました。
このときも薬の1つとして伝わっています。
鎌倉初期には栄西が「喫茶養生記(きっさようじょうき)」を記載しています。
その際にはアルコールの飲み過ぎにお茶がいいと記載しています。
実際に栄西は、深酒の区政のある将軍源実朝にお茶を献上した記録に残っています。

お茶による精神の落ち着き(ストレス解消)、お酒による鼻粘膜の障害を弱めることから、花粉症の症状を抑えることができると考えられています。
これは長い間の経験からアレルギー症状を弱める可能性があることから、花粉症の症状も抑えることが予想されます。
お茶を飲んでいても花粉症の症状がなくなることはありませんが、症状の程度が軽くなるといわれています。

お茶で花粉症対策をするメリットは

お茶は普段の生活のなかで飲むことができます。
薬剤の場合には子どもや高齢者では副作用がでやすくなりますが、お茶ではそのような問題はほとんどありません。
妊婦さんや授乳中はほとんどのお薬を飲むことができませんが、お茶は飲むことが可能です。
お茶でお薬を飲むことはできませんが、お茶を飲み終わってから、花粉症の薬を飲むこともできます。

お茶はいつから飲み始めればいいの?

今日から飲み始めるのが一番おすすめです。
お茶は花粉症の症状を軽くするだけで、花粉症の症状を軽くするために体を養生するために飲むからです。
現在が花粉症の時期でなくとも、早くはじめると体質改善の効果が花粉症の時期にでる可能性があるからです。

お茶は1日に何回飲めばいいの?量はどのくらい?

お茶の種類によっては多少違いますが、1合(180mL)を1日3回程度がおすすめです。リラックする時間や食事中に飲んでください。薬ではありませんので、水分の取り過ぎにならない程度に飲めばいいと思います。

お茶を飲み過ぎると逆効果になる?

お薬の場合には飲み過ぎると副作用がでる可能性が高くなります。
お茶の場合にはそのようなことがおこる可能性が低くなっています。
ただし、お茶の成分によっては消化器系(下痢や食欲不振)になることがあります。
お茶にはカフェインが含まれていることが多いので、ふとんやベッドに入る2時間前までにお茶を飲むようにしましょう。

複数のお茶を飲んでも副作用はないの?

複数のお茶を飲むことによって、お茶同士がけんかすることはおこる可能性はほとんどありません。
しかし、結果として水分やカフェインの取り過ぎにつながる場合がありますので、その点には気をつけてください。

花粉症の薬と一緒にお茶を飲んでも大丈夫?

お茶にカフェインが入っていることから、カフェインの量をコントロールしていなければ花粉症の薬と一緒に飲んでも構いません。
お茶に入っているタンニンが鉄分の吸収を阻害する場合があるので、薬をお茶で飲むことをやめた方がいいという人がいます。
花粉症のお薬では鉄が入っているわけではありませんので、あまり気にすることはありません。

ただし、水分をなしで薬を飲むのは、やめてください。
水なしで飲める薬にはそのことがきちんと処方箋や箱に記載があります。
薬の血中濃度は水と一緒に飲んだときのものです。
水なしで薬を飲んだときには、薬がどれぐらい吸収するかは分からないからです。

花粉症対策におすすめのお茶10選

以下に、花粉症の季節が始まる前に飲んでいると、花粉症の症状が軽くなるお茶を紹介します。
一部症状がでているときにその症状を抑えるものもあります。

甜茶(てんちゃ)

甜茶はいろいろな種類があります。
もともとは茶葉以外の木の葉を原料としてつった、甘みのあるお茶の総称です。
バラ科の甜茶は花粉症の症状を抑える可能性があります。
甜茶エキスをサプリメントにしたものもあります。
プラセボ対照二重盲検比較試験でチリダニによるアレルギー性鼻炎の患者で4週間飲んだ場合はプラセボとあまり変わらないとされています。

花粉症の場合には花粉症症状がでない時期に飲み続けることによって花粉症の症状を抑えることを目的としているので、この試験では何も分かりません。

厚生労働省も花粉症に対する効果を全国96の耳鼻咽喉科にて患者に聞き取り調査を行っています。
効果があるとしたものは14%、ない51%、不明35%となっています。之に関しては甜茶を飲んでいる期間、効果の有無をどのような判定基準としているかが不明ですので参考程度になります。
(参照:花粉症の民間医療について)

べにふうき茶

べにふうき茶に含まれるメチル化カテキンが臨床試験で目や鼻の不快感を抑えることが明らかになっています。
その作用はヒスタミンが引き起こす腫れや気管支の刺激を抑える抗ヒスタミン作用といわれています。

機能性表示食品としても販売されています。
1日700mL(メチル化カテキンとして68mg)を1日摂取目安量としています。
機能性表示食品としては1日の摂取目安量を示すことが求められています。
これは薬の場合のようにこの目安量よりもたくさん飲むことによって副作用の可能性が高くなるものではなく、これ以上飲んでも効果が高くなることがないという視線から決めたものです。

ルイボス茶(ルイボスティー)

ルイボスはマメ科の細くとがった葉をもった植物の名前です。
南アフリカ共和国でのみ栽培できる植物です。
特定の場所しか育たないのは乾燥と30度以上の温度差と高地である条件を満たさないからと考えられています。

ルイボスの葉を乾燥させて作るのがルイボス茶です。
紅茶のように赤く、ほのかに甘みがあります。カフェイン量は0でタンニン濃度が低いのが特長です。

ルイボスには抗酸化作用(体のなかでの活性酸素による細胞などへの障害を抑える効果)をもついろいろなフラボノイドを含んでいることから、免疫系や肌、老化に対する効果がある可能性があります。
免疫系に影響を与えることから花粉症の症状軽減に結びつくといわれています。

もう一つの効果が高尿酸血症に対する効果です。
アロプリノールという薬が尿酸を合成するのをとめて、高尿酸血症に使われています。
あまり強くはありませんが、同様の効果が試験管を用いた試験で明らかにされています。

ルイボスティーの効能|花粉症に効果があるって本当?

なたまめ茶

ナタマメは古くから漢方薬として使われています。
ナタマメには豆に薬効があります。
血行促進や免疫力の向上があるといわれていることから花粉症の症状軽減が期待できます。

ナタマメの欠点としては種類によって毒性があることです。
タカナタマメ、タチナタマメの毒性が高く食用には向きません。
アカナタマメ、シロナタマメが食用に使われます。

日本国内でも栽培されていますが、中国や南米からの輸入品が多くなっています。
他のナタマメ茶に比べて値段が安すぎる場合には、毒性のあるタカナタマメやタチナタマメが入っている可能性があるので、注意が必要です。

なた豆茶の効能効果がやばい!口コミランキングも大公開

花粉症に効果があると有名なのが京都のやまちやのなたまめ茶です。
詳しくはこちらをどうぞ。

なたまめ茶|京都やまちや

緑茶

いわゆるお茶ですが、緑茶に含まれているカテキンが花粉症の症状を抑えることがラットで証明されています。
このときのお茶の量は1日約10杯の緑茶にあたります。
カテキンは抗ヒスタミン作用があるので、花粉症の症状を抑えます。
抗ヒスタミン剤を飲むことのできない妊婦さんなどにはお勧めです。

また緑茶に含まれているビタミンCには鼻粘膜形成・保護作用があるため、花粉症の症状がでる前に飲むことによって症状が軽くなります。

緑茶にはカフェインも含まれていることから、寝る前に多量のお茶を飲まないようにしましょう。

緑茶を普段から飲んでいる人は、1日約10杯をメドにすると花粉症の症状が軽くなる可能性があります。

花粉症に効果がある緑茶といえば「白井田七。茶」が有名です。
詳しくはこちらをどうぞ。

白井田七。茶について詳しく見てみる

杉茶

杉茶は杉の葉を干して刻んだものを煮出して飲みます。
杉は花粉症を引き起こすものです。
乾燥した杉の葉を煎じたものは消炎鎮痛作用があることから花粉症に対しても効果があります。

杉の葉に含まれている油はアトピーの症状をやわらげることが分かっています。
アトピーもアレルギーの一種で、症状が皮膚にでるものです。
したがって、花粉症の症状をやわらげる可能性があります。

杉茶はいろいろと販売しています。
また自作方法もネットに上がっています。
しかし、販売品は花粉が入り込まないように注意して製造されています。
自作の場合には花粉が入り込まないことに注意が必要です。
花粉を飲んでしまうと、花粉症の症状が強くでて、呼吸困難などさまざまな命にかかわる症状が現れます(アナフィラキシーショックとよびます)
まれですが、命にかかわりますので、杉茶は購入をお勧めします。

しそ茶

シソの葉にはロズマリン酸が含まれており、花粉症の症状をやわらげる作用があります。
この作用は直接作用ですので、花粉症の症状がでている場合にも効果があります。
ロズマリン酸そのものをサプリメントとしても販売されています。

シソには種類がたくさんあります。
縮緬紫蘇(ちりめんしそ)、斑紫蘇(まだらしそ)、赤紫蘇(あかじそ)、青紫蘇(あおじそ)、片面紫蘇(かためんしそ)、縮緬青紫蘇(ちりめんあおじそ)などが販売されています。

シジュウム茶

シジュウムは南米原産の植物です。
シジュウムの抽出物はアロエエキスよりも強いアトピー効果があるとして、2000年代はじめに日本でも、厚生労働省が資金をだして研究がおこなわれました。
実際には薬にはなりませんでした。

アトピーに直接効果があるとされているので、花粉症にも効果がある可能性があります。
シジュウムの抽出物はサプリメントとして販売されています。

グアバ茶

シジュウム茶と混同されている場合があります。
グアバ茶はカテキンをたくさん含むことから、花粉症の季節の前に飲んでいると花粉症の症状が軽くなる場合があります。

ハトムギ茶

ハトムギは漢方にも用いられています。
利尿作用と免疫調整作用があります。
花粉症の季節の前に飲んでいると花粉症の症状が花粉症の症状が弱くなる可能性があります。

花粉症対策におすすめハーブティー3選

ハープティーも花粉症対策に使われます。
その根拠をお伝えします。

カモミール

カモミールの花を乾燥させたものがカモミールティーです。
消炎作用があることから古くからヨーロッパでは薬として使われています。
そのため、EUは伝統生薬として医薬品としても認められています。(日本で漢方薬が医薬品として認められているのと同じような仕組みです)

カモミールティーは主に安眠やリラックス作用のために用いられています。
ストレスは花粉症を発症させる可能性を高くし、悪化させることが分かっていることから、花粉症がこれ以上悪くならないために、寝る前のカモミールティーは効果があります。

ペパーミント

ペパーミントは古くからヨーロッパでは軽い胃腸病の薬として使われていました。

ペパーミントに含まれるメントールは喘息にも効果があることから、花粉症に効く可能性があります。

ペパーミントティーに含まれるプレゴンは幼児に中毒性を生じる可能性があります。

ローズマリー

ローズマリーの精油にはロズマリン酸が含まれているので、花粉症の症状をやわらげる効果があります。
このことから、シソ茶と同じような効果があります。

ただし、ローズマリーにはさまざまな薬効成分が含まれています。
お茶にローズマリー精油を加えて飲む程度では問題はありませんが、大量に摂取すると薬効成分からくる副作用を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

ローズマリーティーの効能。花粉症にも効果あり?作り方や飲み方や副作用は?

さいごに

いかがでしたでしょうか?
今回は、花粉症対策におすすめのお茶とハーブティーについて解説してきました。
お茶のメリットとしては、副作用が無いことがあります。
薬と併用して飲むこともできますので、花粉症の症状を緩和させるためにも是非飲んでみてくださいね。

関連記事になります。合わせてごらんください。

花粉症対策のお茶ランキング|花粉症に効くおすすめのお茶はどれ?

花粉症対策におすすめの市販薬ランキング!人気の一般用医療薬はどれ?

熱っぽいけど花粉症って熱がでるの?38度を超えることある?

花粉症の症状|のどの痛みや喉のかゆみがある時の対処法

花粉症でさらさら鼻水が止まらない。止める方法って何かある?

花粉症の鼻づまりで寝れない人に朗報。解消法を徹底解説

花粉症でくしゃみが止まらない!止める方法や対策はある?

花粉症で目がかゆい。目のかゆみ対策は何がおすすめ?

花粉症で涙が出る!止まらない!対策は何かある?

子供の花粉症対策にお茶がいいって本当?その理由を徹底解説

-花粉症対策
-, , ,

Copyright© お坊さんサラリーマンのリアルな日々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.