20代から40代の女性に対しての情報発信サイトです。

お坊さんサラリーマンのリアルな日々

花粉症対策

花粉症でさらさら鼻水が止まらない。止める方法って何かある?

更新日:

女性

「春になると花粉症の症状が悪化して、仕事も手に付かない!」

「治療したくても仕事が忙しくて、なかなか病院へ通院できない!」

「薬を飲むと症状は治まるけど、眠くなって困ってしまう!」

「薬のような副作用も無く、自然に症状が改善する良い方法は無いかしら?」

あなたは現在、花粉症の症状でお困りでは無いでしょうか?

春の花粉の時期になると、目のかゆみ・鼻水鼻づまり・涙が止まらない・喉の痛みや咳など、あらゆる症状が出てきて辛いですが、特にさらさらで止まらない鼻水は辛いですよね。
日本人の花粉症総人口はなんと2000万人以上で、5人に1人は花粉症と言われていて、この人数は今後も増え続けていくと予想されています。
そんな辛い花粉症による鼻水も近年研究が進んで、症状や原因に合わせたさまざまな治療薬や治療法が確立されてきていて、実際に効果を発揮しています。
しかし、実際忙しい現代人はなかなか専門医を受診する時間も無いことから、手軽な薬などで症状を和らげている人も多いようです。
そこで今回はそんな「花粉症でさらさら鼻水が止まらない。止める方法とは」について解説していきたいと思います。

鼻水を止める方法は?

ズルズルと垂れてくる辛い鼻水、医者に行く時間は無いし、薬は眠くなったり喉が渇いたりでイヤだと言う方のために、鼻水を止める不思議な方法をいくつかご紹介しましょう。

深呼吸と頭の運動で鼻水を止める

①まずリラックスして楽な姿勢で、大きく息を吸って深呼吸を数回行います。

②深呼吸した息を「フゥー--!」っと吐ききったら、そこで息を止めて鼻をつまみます。

③2秒程度を目安にして、ゆっくりと頭を上下に動かし、その動きを続けます。

④呼吸が苦しくなって、これ以上は無理というギリギリまで我慢して、上下運動を繰り返します。

⑤呼吸が限界に来たら、鼻から手を放して大きく息を吸い込みましょう。

これは無理矢理酸欠状態を作り出しているために、脳から鼻の穴を広げるようにとの指令が出され、その結果鼻は血がたまらないように、血管を細めるために空気の流れが良くなるので鼻の通りが良くなります。
こんなで鼻水が本当に止まるのって、聞こえてきそうなちょっとふざけている様にも思えてしまう方法ですが、効果のほどは抜群なので1度トライしてみましょう。
注意点としては、会社や駅など人混みでやるにはやや無理がある方法なので、人目を避けてこっそりとトライしてすっきりしてみるのがいいですね。

人知れずに出来る鼻水の止め方

①舌が平らになるようにして、口の上の方を舌で押さえつけます。

②次に口を押さえていた舌を離したら、眉間を2本の指でギュッと押さえます。

③この口の上の方を舌で押さえ、離したら眉間を指で押さえる動作を繰り返し20回ほど行います。

こちらの方法も人前では中々やりにくい方法ですが、目が疲れたふりをしながら眉間を押さえながらやると、人知れず鼻水の苦しさから解放される事になります。
この方法もこんな事で本当に、鼻水が止まるのって思われそうな方法ではありますが、道具も必要なく辛い鼻水を手軽に和らげてくれる有効な方法の1つです。

口に水を含んで症状改善

ものすごく簡単な方法に口に水を含むと言う方法があり、スプーン一杯くらいの水を口に含んだままの状態にして、そのまましばらく口に含んでおきます。
そうしているうちにスーッと鼻の通りが良くなってくるので、後は最後に口の中の水をそのまま飲みこめば終わりです。
唾液と混ざった水にはのどの炎症を抑える効果があるので、吐き出さずにそのまま飲み込んだほうがより効果があります。
これも特別な道具や薬などが入らないて、身近で簡単に鼻水を止める事ができる方法の1つと言えますね。

ペットボトルを使った鼻づまり解消法

鼻水と言うよりも鼻づまりにより効果的な方法にペットボトルを使った方法があって、家庭のある500mlのペットボトルを準備します。
このペットボトルをこれを詰まっている鼻とは逆の方の脇の下に挟んで、10秒間ほど圧迫してじっとしていると脇の下にある自律神経のセンサーが働いて、反対側の交感神経が刺激されて血管が収縮されます。
そうすると鼻の粘膜の腫れが引くので、空気の徹隙間が出来て鼻づまりが解消されます。
ペットボトルが無いときには、手でげんこつを作りその拳を脇の下に挟んで圧迫しても効果があるので、何も無いときには是非やってみて下さい。

鼻を温めた上でかみましょう

鼻水が鼻づまりを解消する方法の1つに、局所温熱療法という方法があって、これは鼻の穴を避けた状態で鼻を温めることで症状を改善するというやり方です。
まず電子レンジでタオルを1分くらい温めて、熱く無い程度に冷めたら鼻の穴を避けて蒸しタオルを掛けて鼻を温めて、温められていると鼻水が出てくるのでそこで鼻水をかむようにします。
お風呂に入っていると不思議と鼻水が止まることが良くありますが、効果としてはまさにその状態で同じような効果が現れます。
紅茶やお茶などの温かい飲み物などの香りを嗅いでいると、その蒸気によって鼻が温められるのでその時に鼻をかんでおくのも、症状を改善させる1つの方法になります。

ツボ押しで鼻水を止めよう

鼻水や鼻づまりに即効性がある治療法に、ツボ押しがあって有効なツボを効果的にマッサージすることで症状が緩和されていくので、その有効ないくつかツボをご紹介します。

【睛明(せいめい)・迎香(げいこう)】

睛明は鼻の付け根の両側にあるツボで、迎香は小鼻の左右のふくらみのわきにあるツボです。
押し方としては、人差し指を左右両指を約30回ほど擦り合わせて指先を温めたら、鼻筋の両脇のところを上側の睛明から下側の迎香まで、上下に両手の人差し指でさすっていきます。
睛明のツボを親指と人差し指を押しながらつまんだり、迎香のツボを鼻の両わきから指で挟みながら静かに押していくのも効果的です。

【外鼻(がいび)・内鼻(ないび)・腎上腺(じんじょうせん)・内分泌(ないぶんぴ)】

耳の付け根付近には、外鼻・内鼻・腎上腺・内分泌という、鼻炎に効果のあるツボがたくさん集中しています。
外鼻は顔寄りの耳の穴の手前にある小さな膨らみの中央部分で、内鼻は外鼻の裏側のやや下付近で、腎上腺は外鼻のやや斜め下の部分、内分泌は耳の穴の下の切れ込みの内側の部分になります。
外鼻・内鼻・腎上腺のそれぞれのツボは、耳の穴に人差し指を入れた状態で、外側から親指で挟み込んでそれぞれ3分くらいずつもみほぐしていきます。
内分泌のツボについては、耳の穴の下の部分の切れ込みのところに人差し指を入れたら、30回ほど押しながらもみほぐしていきます。

【巨寥(こりょう)】

鼻の左右頬骨の一番高いところの直下の場所のツボのことを言います。
人差し指の横腹を使って、力を入れて垂直に左右同時に約5秒ほどおして、ゆっくりと離していきます。

【大椎(だいつい)】

大椎というツボは、首を前に倒したときに首と背中の付け根付近に出てくる骨の下に位置しているツボで、首の後ろ側にあります。
やや押しにくい場所にあるために、寝ている体勢で押しツボをするのがよりおすすめで、鼻水や鼻づまりなどの症状の緩和に効果があります。

花粉症の症状緩和に有効な食べ物は?

これまでは花粉症で鼻水を止める具体的な方法についてご紹介してきましたが、そもそも花粉症の症状を改善するためには、体質を改善するのが有効とされています。
そんな体質を改善するのにより有効な方法に食事によって改善する方法があるので、そんな体質改善に有効な食べ物についてまとめてみました。

ヨーグルト

花粉症の症状を改善するのに有効な食べ物としては、よく耳にする食べ物が「ヨーグルト」で、花粉症の症状がある人に1日に200mlのヨーグルトを1年間食べ続けたら、約3割の人の症状が改善したというデータがあります。
元々花粉症の原因とされるアレルギー症状は、花粉などが体に入ると異物を取り除こうとして免疫反応として鼻水や目のかゆみなどが出てきます。
そんな免疫反応の過剰反応を抑えるには、ビフィズス菌の摂取が効果的なので、ヨーグルトを食べると花粉症の症状を緩和するのに効果があるというわけです。

レンコン

ヨーグルトと一緒に摂取してほしい食べ物にレンコンがあり、レンコンの中に含まれている栄養素の中には、抗アレルギー作用や鼻の粘膜を覆ってくれる効果があると言われています。
日本アレルギー応用研究所という医薬品のメーカーが研修開発した、レンコンと乳酸菌の配合物を3ヶ月の間摂取し続けたら、体験した人の81%もの人が、花粉症の症状が緩和したというデータもあります。
特にレンコンの摂取方法として有効なのがより細かくすることで、みじん切りも効果的ですが、すり下ろすとさらに吸収が早くなり効果が出やすくなります。

えごま油

食べるものに加えて1つ変えてほしいものが、普段使用しているようなサラダ油では無くえごま油に変えて使用する事で、花粉症の症状を緩和してくれる効果があります。
元々サラダ油にはリノール酸が含まれているために、摂りすぎるとアレルギーを引き起こす原因となっているところがあります。
リノール酸による花粉症の原因のアレルギーを防ぐ為には、αリノレン酸とリノール酸の摂取割合を1:2にすることが理想とされていますが、現実的には1:20ほどになっているのが実情です。
そういったことから、植物性マーガリン・ソフトマーガリン・サラダ油などを出来るだけ控えて、αリノレン酸が豊富に含まれているえごま油を摂取するように心がけましょう。

しそ

シソもえごま油同様にαリノレン酸を多く含んでいるので、摂取することでαリノレン酸とリノール酸の摂取割合のバランスが取れて、リノール酸による花粉症の原因のアレルギーを防いでくれます。
またシソには青しそと赤しそがありますが、赤シソの方が炎症を和らげてくれる効果があるポリフェノールの一種のアントシアニンが含まれているので、より効果的と言えます。
最近は、こう言った効果が認知されるようになってきて、シソサプリメントやシソジュースなどが発売されているので、こういった物を利用して摂取するのも良い方法ですね。

花粉症の症状緩和に有効な飲み物は?

これまでは花粉症により効果のある食べ物についてご紹介してきましたが、今度はよりお手軽に摂取できる、花粉症の症状緩和に有効な飲み物についてご紹介します。

赤ワイン

赤ワインには、プロアントシアジニンという強い抗酸化作用があると言われている、ポリフェノールの一種が数多く含まれています。
その強い抗酸化作用によって過剰な活性酸素を抑制してくれるので、アレルギー症状を抑えてくれて花粉症の症状緩和に効果があります。

黒酢

黒酢には存知の方も多いと思いますがアミノ酸が多く含まれていて、本来体内では合成することが出来ないとされているアミノ酸が8種類も含まれています。
このアミノ酸は、細胞を再生する働きがあるので強い粘膜細胞を作ってくれて、目のかゆみや鼻水鼻づまりの症状を緩和してくれる効果があります。
黒酢に含まれるアミノ酸を摂取すると、疲労回復や代謝アップにも効果があると言われていて、継続的に飲み続けることで、効果を体感できるはずです。

コーヒー

普段誰でも飲用しているコーヒーにも、ポリフェノールが多く含まれているので、赤ワイン同様に強い抗酸化作用や炎症の鎮静作用があるので、花粉症の症状改善にはおすすめです。
ただ甘党の方が使用する白砂糖は、免疫バランスの調整に必要となるビタミンB1を奪ってしまう事になるので、ブラックで飲むか甘みがほしいときには、蜂蜜や黒糖を使用するように心がけましょう。

緑茶

日本人なら誰でも飲む機会が多い緑茶には「カテキン」が多く含まれていて、このカテキンという物質は抗酸化作用があるので、赤ワインとコーヒー同様に活性酸素を抑えてくれる効果があります。
実際のある研究結果によると、緑茶に含まれている茶カテキンは一般的な抗アレルギー剤として使用されている「トラ二ラスト」に匹敵するほどの抑制効果があるとされています。
またこのアレルギー抑制効果のある茶カテキンの他にも、ストリクチニンというポリフェノールの一種が含まれていて、より花粉症の症状を抑えるのに効果があります。

これまで花粉症の代表的な症状でもある鼻水を止める様々な方法と、花粉症に有効な食べ物や飲み物についてご紹介してきました。
そんなご紹介してきたさまざまな花粉症に有効な方法の中でも、当サイトでおすすめしたいのが、ただ飲むだけで効果を実感できる手軽さから飲み物をおすすめしたいです。
特に飲み物の中でもより花粉症の症状の症状緩和に有効なのが、ご紹介してきたように「緑茶」があげられます。
そんなよりおすすめの緑茶の中でも、特におすすめの人気の商品についてご紹介していきましょう。

花粉症に効くお茶人気ランキング!

花粉症に緑茶がより効果があることは既にご紹介してきましたが、そんな緑茶関連商品もさまざまな商品が発売されています。
そんなさまざまな商品の中でも、当サイトが特におすすめしたい「花粉症に効くお茶人気ランキング!」についてご紹介しますので、花粉症対策の緑茶購入の参考にしてみて下さいね。

1位 鼻炎・花粉症を改善「白井田七。茶」

白井田七。茶

「白井田七。茶」の特徴は?

お茶の生産日本一の静岡県で生産された「向島園」の緑茶に加えて、高麗人参よりも効果があると言われる、和漢の王様「田七人参」の2つ配合したシンプルなお茶です。
緑茶も田七人参も国内産にこだわった良質な材料を使用して生産しているため、より安心して年中愛飲できるのが「白井田七。茶」です。

「白井田七。茶」のおすすめポイントは?

「白井田七。茶」に含まれている茶カテキンが抗炎症作用を発揮するため、花粉症やアレルギーの症状に見られるヒスタミンの生成を抑えて、鼻水鼻づまりや目の充血やかゆみなどに特に効果があります。
また「白井田七。茶」には、花粉症の症状によって痛んでしまった鼻の粘膜の修復するのにより有効な、ビタミンCを豊富に含んでいるので、症状改善に役立ちます。
緑茶と一緒に含まれている「田七人参」には、サポニン・フラボノイド・必須アミノ酸なとの24種類もの栄養素が含まれているので、花粉症への免疫力の向上に有効でおすすめしたいポイントです。

「白井田七。茶」についてはこちらをどうぞ。
白井田七。茶について詳しく見てみる

白井田七。茶

2位 鼻炎・花粉症・イビキの悩みに「えぞ式すーすー茶」

えぞすーすー

「えぞ式すーすー茶」の特徴は?

花粉症の症状を改善するためには体質改善が必要と言われていますが、「えぞ式すーすー茶」にはそんな体質改善に有効とされる数多くの薬草を使用しているお茶です。
毎日愛飲して、自然な形で花粉症を治したいと考えている方にはよりおすすめしたいお茶が「えぞ式すーすー茶」です。

「えぞ式すーすー茶」のおすすめポイントは?

「えぞ式すーすー茶」には、ポリフェノールの一種のロズマリン酸が入った赤紫蘇や甜茶のGODポリフェノール、そして抗菌力を持つクマザサといった成分がふんだんに配合されていることから、特に鼻水鼻づまりの対策には有効なのでおすすめです。
もう1つの「えぞ式すーすー茶」のおすすめポイントとしては、鼻水鼻づまりの症状緩和に対して、非常に即効性があるのもうれしいポイントですね。

えぞ式すーすー茶について詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
えぞ式すーすー茶について詳しく見てみる

えぞ式すーすー茶

3位 京都やまちや「なたまめ茶」

なたまめ茶

「なたまめ茶」の特徴は?

「なたまめ茶」に含まれているなたまめとは由緒ある滋養豊かな豆で、カルシウム・マグネシウム・鉄・リン・カリウムなど栄養たっぷりの健康茶です。
またなたまめに含まれているカナバニンという有効成分が、花粉症の影響で乱された検疫系を正常な状態に修復してくれる効果があり、愛飲することで花粉症になりにくい体質に改善してくれる特徴があります。

「なたまめ茶」のおすすめポイントは?

「なたまめ茶」の主成分のなたまめには、中国では古来より漢方薬として用いられてきたカナバニンが豊富に含まれていて、排膿作用や抗炎症作用があるので花粉症にはより優れた効果があり、自然に愛飲して花粉症を治したい方にはよりおすすめです。
また玄米・黒豆・ハブ茶・桑の葉の4種の食材がブレンドされているので、それぞれが健康食品として愛用されているので、抗酸化作用・目の疲れの緩和・肝機能の改善・老化防止などに効果を発揮してくれるのも、おすすめポイントです。

京都やちやのなたまめ茶について詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
なたまめ茶|京都やまちや

なたまめ茶

なた豆茶の効能効果がやばい!口コミランキングも大公開

まとめ

「花粉症でさらさら鼻水が止まらない。止める方法とは」についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
辛い花粉症も薬を使用すれば即効性はありますが、薬害や副作用を考えると出来る事であれば体質改善をして、根本的に直していきたいですよね。
そんな根本的な体質の改善を、手軽に行えるのが当サイトおすすめの緑茶を飲み続けることなので、是非皆さんも緑茶を飲んで、辛い花粉症の症状を治してみませんか。

関連記事になります。合わせてごらんください。

花粉症対策のお茶ランキング|花粉症に効くおすすめのお茶はどれ?

花粉症対策におすすめのお茶10選。ハーブティーも紹介

花粉症対策におすすめの市販薬ランキング!人気の一般用医療薬はどれ?

熱っぽいけど花粉症って熱がでるの?38度を超えることある?

花粉症の症状|のどの痛みや喉のかゆみがある時の対処法

花粉症の鼻づまりで寝れない人に朗報。解消法を徹底解説

花粉症でくしゃみが止まらない!止める方法や対策はある?

花粉症で目がかゆい。目のかゆみ対策は何がおすすめ?

花粉症で涙が出る!止まらない!対策は何かある?

子供の花粉症対策にお茶がいいって本当?その理由を徹底解説

最後にお茶のランキングを掲載します。

1位

白井田七。茶について詳しく見てみる

2位

えぞ式すーすー茶について詳しく見てみる

3位

なたまめ茶|京都やまちや

-花粉症対策
-, , , ,

Copyright© お坊さんサラリーマンのリアルな日々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.